スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


抱き合うふたり&叱り方。
■ミナ、何してるの?■
P3289942.jpg

食卓のあたりで、ユナとミナが遊んでいるなぁ・・・ってことは、
声でわかっていたのだけど、いつもと違う気配に、
「何をしているのかな??」って覗いてみたら、椅子に横たわるふたり。

向って左側にミナ、向って右側にユナ、それぞれ椅子に横になった状態で、
顔を見合わせて、おしゃべりしてました^^

■ユナ、嬉しそうに話してます■
P3289943.jpg

この日は、産院仲間の集まりが家であったので、
朝からワタシとオットはバタバタ準備をしていて相手ができなくて、
そういう時間を、ユナとミナのふたりで、それなりに楽しく遊ぶことができる、
よく考えたら、これってすごいことだなぁ・・・って思います。

■会話中■
P3289944.jpg

ユナとミナで遊びをみつけていることも、ふたりで会話をしていることも、
少し前に一緒にベビーカーを押して歩き回っていた頃よりも、
一段と、ふたりの遊び方に思いつきと工夫が見られるなぁって。

そして、親密さはまた深くなっていってるようで・・・ときどき、ふたりの行為をとおして
感じさせられます。例えばこのときは・・・

■こっちにおいで!とミナ■
P3289948.jpg

ミナが「ユナちゃん、こっちにおいでよー」って呼んだらね、
ユナが「はーい」って椅子を下りて、ミナのところに行きました。

そして、椅子にあがって、

■ぎゅっとハグ■
P3289949.jpg

ぎゅーと抱き合うふたり。「すきすきしてるの」ですって。

■笑う■
P3289950.jpg

ケンカは今も変わらずするけれど、
こんな風に愛情を表現する場面も増えました。

ケンカもね、お互いの主張のぶつかり合いへとレベルアップしてきました。
どちらも自分の主張を押し通そうと、仲裁に入ったワタシに解ってもらおうと必死です。

必死だからこそ、激しく声をあげて、自分の思いをぶつけてきます。

こうした、ああした、さいしょはユナがこうして、ミナがこうした、
なんて、ふたりが口々に事の次第を話してくる、
ワタシはそれを聞いて、解決方法を提案する。

提案したところで、主張が通らなかった(と感じる)ほうは、納得しないのだけど、
でも、こんな解決方法があるんだってことは、たぶん覚えているだろうし、
いつか他の場面で生きてくることは、間違いないと思う。
3歳の記憶力、あなどれませんから。

ふたりが、事の次第を言葉でなんとか説明できるようになった、
そのことだけでも、ああ成長したなぁ・・・って思います。

ただ気をつけないとね、
ミナは、ケンカで早々と負けたときに、わーーんと泣きながら
「ユナちゃんがつねったーー」って言うことがあるのです。

・・・たぶん、つねってなくてもね、そう主張することがある。
以前、ユナがよくミナをつねっていたときに、
ワタシが堪忍袋の緒が切れて「つねるのは絶対にだめーー!」って
感情的に、ものすごく怒ったことを覚えているから^^;

あーーー、ひどく叱ったことは、ふたりの記憶に深く刻まれていて、
こんな風に後から影響を及ぼすんだなぁって、思い知りました。

今は、ふたりともあったことをそのまま話す事のほうが多いけれど、
「叱られたくない」「自分に同情して欲しい」という気持ちが強いと、
嘘をつくようになるのかな・・・。

もし、本当に叱られることをしたときも、
「なんでそんなことをしたの!」って叱るよりも、
まず、それを正直に言ったことを褒める、
そういう対応も必要になってくるんだろうなぁ・・・って思いました。

本当に、叱り方って難しい。
自分のした行動を、よいこともよくないことも認める力をつけさせたい、
そのためにはどうしたらいいのか、考えています。


いつもありがとうございます!ランキングに参加しています。
ポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

「お知らせ」の記事を読まれていない方は、お時間があるときに読んでいただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。
このブログの終了まで、日を数えると・・・やっぱり寂しいですね^^;

でも、たくさんのコメントをいただいて、終わりだけど始まりの予感もしてきました。
ありがとうございます!必ずご連絡をさせてもらいますので!

スポンサーサイト
ゆらゆら
3歳~

thema:双子の子育て - genre:育児


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。