スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


プレ修了式とトイレトレーニング
■赤ちゃんに群がる女の子たち■
CIMG3165.jpg

今週は、幼稚園のプレクラスの修了式がありました。
一年間通ったプレクラスも、この日が最後だなんてねぇ・・・入園が決まった後の、
後期のプレクラスは、あっという間に過ぎていった気がします。

いつも終わった後に、お昼を食べて遊ぶお友達の名前を覚えて、
そのお母さん達にも遊んでもらうようになって、
ユナもミナも、幼稚園が大好きになりました。

生き生きとした表情を見せるようになり、
お友達と手をつないで走っていたり、ワタシから離れて遊んでいる様子を見ると、
ワタシの服をいつも掴んでそばから離れなかった頃が想像できないわ^^

この日、修了式では、コドモ達の成長をより実感できました。
ホールには、鉄棒とマット、平均台が置かれていてね、それを取り囲んで半円になって
親子が座っていたんですが、名前を呼ばれたら前に出て、
どれでもいいのでひとつ、自分がやりたいことをみんなの前で披露するんです。

マットででんぐり返りをするコドモさんが一番多かったかな。平均台も人気でした。
やり終えたら、拍手喝采の中、終了証を先生からもらって、笑顔でお母さんの胸に飛び込んでいく、
そんな様子をひとりひとり見ていたらね、本当に感動しました。

ユナとミナとはね、当日までこの日の話はしなかったんです。
何をするかは自分で考えて決めて欲しかったし、その場で聞いてみようと思って。

でんぐり返りでも鉄棒にぶらさがるのでも平均台を歩いてジャンプするのでも、
どれに挑戦するにしても、できるかどうかはわからないし、
できなくてもいいから、自分で決めたことをする、という姿勢が見れたら嬉しいなぁって
思ってました。

お母さんによっては、「○○ちゃんは、これができるからこれをしたら?」
ってアドバイスをしていたようだけど、
できることとやりたいことが違ったらコドモは混乱しちゃうし、
それにお友達がしている様子を見て、その場でやりたいことも変わるかもしれないなぁって。
そう思うと、当日の様子を見て、かける言葉を考えたほうがいいかな・・・って思いました。

当日、お友達が次々と、名前を呼ばれて披露していく中、
ユナとミナは、その様子を眺めつつ、横に座っていたさわゆわちゃんとじゃれあったりして、
とてもリラックスしてました。

そして出番が近くなったから何をするつもりか聞いてみたらね、
ユナもミナも、「これする!」って、目の前の平均台を指差したんです。
へーーー!一番時間がかかって集中力がいるのに、挑戦することにしたのね。
ちなみに、ユナとミナは平均台をひとりでできることもあるけれど、
突然怖くなってできなくなることもあるんです。台がね、結構な高さなんですよ。

できるかなぁ、できたらいいなぁ・・・と思いつつ、
名前が呼ばれて出て行けるかどうかも、半信半疑だったけど、

いざ名前が呼ばれるとね、「はーい」とユナが前に走っていきました。
わーー行ったわ!って思って見ていたら、
先生に「なにをみせてくれますか?」って聞かれてね、ユナは鉄棒を指さしたんです。

え?!鉄棒するの??ってびっくりしましたよ。
一つ前のみぃちゃんが鉄棒をしたのを見て、やりたくなったみたい(笑)

本人はずんずんと鉄棒のところまで歩いて行って、えいっと手でつかまって、
体を持ち上げようとしたけど、持ち上がらず、
今度は横の棒に足をかけて上がろうとしたりと、四苦八苦していたからか、
先生が手伝って、鉄棒に腕を乗せてぶらさがるポーズをとらしてくれました。

・・・たぶん、ユナ自身は、ぶたのまるやきのポーズをしたかったんじゃないかなぁ。

拍手を受けて、修了証をもらって戻ってきたユナの表情、
「もっとやりたかったのに」という感じでした。んーでも頑張ったよ!

次はミナ、名前を呼ばれて、ダダーッと走っていって、先生に何をするか聞かれてたら、
平均台を指さしました。ユナにつられて、鉄棒ってなるんじゃないかと思っていたけど、
初心貫徹なところは、ミナだなぁ。

自分で足をかけて台の上によじ登って、ひとりで立ってゆっくり歩いていました。
がんばれコールの中、途中で一度立ち止まったけど、最後まで歩いて先生の胸にジャンプ!

戻ってきたミナは満面の笑みでした。誇らしげな顔が素敵だったな!

ユナもミナも、挑戦したこともその結果も違ったけれど、
プレに通い始めた頃に比べての、ものすごい成長をみられたことが、ただ嬉しかったな。

内心、名前を呼ばれても前に行けないかな~って思ってたし、
たとえそうでもいいかな・・・とも思ってました。
前に行けない理由がわかれば、それでいいし、
今回できなかったら、いつかできる日が来ることを信じて待つ楽しみができるから。

前期の半年間という長い間を、みんなについていけないと思われているであろうふたり
(本当はできるのに、ワタシから離れないから何もできない)
を、はがゆい思いでずっと見て、時に落胆したり焦ったりもして、
プレに行くのも苦痛な頃もあったから、
それに比べたら、プレを楽しめるようになっただけで、良かったんです。本当に。

ワタシにとってプレクラスは、幼稚園の準備期間・・・というとらえ方はしていなくて、
今、この貴重なひとときを、親子で幼稚園で過ごす、そういう時間でした。
一緒にべったりとひっついていた時間、
だんだんとお友達と一緒に行動するようになった時間、
調子に乗ってお友達とふざけるようになった時間、
プレクラスでは、色んな表情を見せてくれました。

出欠のお返事はね、今年に入って「返事はしない」って宣言していたミナだったけれど、
最後の日は、「はーい」ってお返事ができました。

「みなちゃん、はーいっておへんじしたよー」って、
ワタシに、まじめな顔で言ってね、「すごい?」って聞いてきたので、
「うん!おかあさんうれしかったわー!」って、伝えました。

返事をしない!って宣言していたミナも、それはそれで興味深かったし、
ユナらしく、ミナらしく、そういう場面が少しでも見られたことが、
お母さんは嬉しかったんだよ。

プレクラスが終わって、幼稚園でこんな風に一緒に過ごす時間が終わったことが、
ちょっぴり残念。4月からは、この場所にワタシはいないんだもんね・・・。

■ゆわちゃんと3人で■
CIMG3167.jpg

手をつないで歩き回ってました^^
集合写真を撮るときも、手をつないでいた3人です(笑)

さわちゃんはね、このときは本調子じゃなくて、お母さんに抱っこされていました。
いつもなら、4人で手をつないでいるんですけどね!

■ひとつのおもちゃを4人で■
CIMG3172.jpg

順番で、ひとつづつ棒を入れて遊んでました。
Sくんとも、仲良くしてもらったよねぇ。
もうひとり、プレで仲良くなったKくんは、急な転勤が決まって、
遠くに引っ越すことになりました・・・本当に残念で、とても悲しかったな。


4月からの幼稚園の準備、少しづつしています。
手作りするものも、だけど、制服がないから動きやすく自分で着替えられる服が必要なんです。

あと、トイレトレーニング!
始め時っていつかなぁ・・・と思いながら、ときどきトイレに座ってみるぐらいで3歳を迎え、
金曜日からようやく本格的にトイレトレーニングを始めました。

トレーニングという言葉は、しっくりこないんですけどね(笑)

金曜日は、朝の最初のパンツはおもらししたけれど、
その後は、ちゃんとオシッコが十分たまってから、「トイレにいく!」って自分で言って、
トイレに行ってできていました。

補助便座を使うと、オシッコが飛び散ることがあるので、使うのをやめて、
便座にまたがって、前に手をついて座ってます。そうしたら飛び散ることはないですよ。

ふたりがトイレに行くたびに着いて行かなくちゃいけないし、
やっぱり忙しいけれど、ちゃんと「トイレいく」って言えることにびっくりしてね、
わ~~いいタイミングで始められたわ!って嬉しくなりました。

■プーさんのシールを貼ります■
P2279291.jpg

ノートに日付と、シールを貼る場所を決めて、
トイレでできたら貼るようにしました。土曜日は7つ貼れたね!

4月の幼稚園、パンツをはいて通えるようになるかな~。とっても楽しみです♪



いつもありがとうございます!ランキングに参加しています。
ポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

スポンサーサイト
ゆらゆら
3歳~

thema:双子の子育て - genre:育児


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。