スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


2歳11ヶ月
■プレクラスで■
CIMG3056.jpgCIMG3059.jpg
CIMG3061.jpgCIMG3062.jpg

昨日は、今年はじめての幼稚園のプレクラスの日でした。

いつも手作りのおやつを出してくれるんですけどね、
今日はみんなで七輪でお餅を焼いて、七草粥と一緒にいただきました。
美味しかったなー♪

ユナとミナも、お餅を上手に歯でちぎって食べてましたよ。
そうそう、いつもおやつは陶器の食器で出してくれるのが、いいなぁって思います。
統一された食器じゃなくて、家庭で使っているような食器だしね。

食べ終わったら、それぞれが食器を前に返しに行っているけど、
これだけ子供がいても、ぶつかったり落としたりして割る・・・ってことはないんです。
みんな、それなりに気をつけているんだろうな。

プレクラスの後は、独楽をまわしてもらって遊んでました^^


さて、ユナとミナは2歳11ヶ月になりました。
久しぶりに支援センターで、身体測定を受けました。

ユナ:身長86.7㎝ 体重13.20㎏
ミナ:身長86.7㎝ 体重13.15kg

ふたりの身長は同じ、体重はオムツと下着混みなので正確にはわからないけれど、
ほぼ同じでした。

プレクラスのお友達を見る限り、背の順に並んだら、
ユナとミナは一番前になることは、確実です(笑)ちっちゃい!

でも成長曲線は、生まれてからずっと同じラインで伸びてきているので
(身長は小さめ、体重は平均)心配することはないですね。


■生活リズム■

体調がイマイチだったり、眠くなる時間に車に乗っている・・・
というとき以外は、お昼寝をしなくなりました。

朝は7時起床、夜は8時就寝が、基本です。

朝に関してはオットが起こしてくれるので、毎日決まってますが、
夜は、その日の予定によって、7時半に寝ちゃったり(遊び疲れ)
8時半や、お昼寝をしちゃうと9時を過ぎることもあります。

ご飯は何でもよく食べて、相変わらず、好き嫌いはありません。
ただ、朝食はかなりゆっくり遊びながら食べるので、付き合うほうが大変です・・・。
お昼や夜は、比較的集中して食べるんですけどね。(家では)

でも、大抵、ご飯の途中からは食べさせてもらいたがります。
「たべさせてー」って、自分から言うもの。甘えてるんだなぁ。

そして、最近「夜泣き」をするようになりました。
ほぼ、毎晩、一度は目覚めて泣いてます。時間的には0時前後かな。

ユナは抱っこしたら、またすぐに寝るんだけど、
ミナは日によって、抱っこしても泣きやまなかったり、「したにいく~~」って、
1階に下りると言ってきかなかったり、手こずることもあります。

しばらく続くのかなぁ・・・と思いつつ、オットがまずは付き合って、
無理だったらワタシが代わってます。


■言葉■

今も、「ちゃい」「ましゅ」という語尾が赤ちゃん言葉なので、
「いただきましゅ」「ごちちゃま」という可愛い発音が聞けます^^

「ありがとう」は言えるようになったなー。ずっと「あ~と」だったんだけど!
「さようなら」はまだ言えないな。「ばいばい」です。

「おにぎり」は「おぎにり」だし、まだまだ面白い発音がたくさんあります。

文章を話すのは、上手になってます。
「かあか、きょうも、かわい~ね」とか言ってるし(笑)

「ユナ、いまから、かいしゃいってくるの」ってカバンを持って家の中を歩いてたり、
大体、自分が言いたいこと聞きたいことは、話せるようになってきました。

何があったかを思い出して話すのは、まだわかりにくいかな。
「えーーっと、えーーーっと」って考えてはいるけれど。

自分から思いつくことは、スムーズに出るので、
例えば、今日前髪を切ったのですが、思い切って短くしたら、
「ゆわちゃんさわちゃんといっしょねー」って言ってました。

確かに!昨日、プレクラスで一緒に遊んだお友達と、同じ前髪になってたわ。

あと、スーパーで食べ物を指さして、
その名前を言うだけでなく、「これ、やすい?」って聞いたりします^^;
意味わかってんのかしら・・・っていうか、
ワタシが買い物中に、「安いなぁ」とか「高いなぁ」とか口に出しているんでしょうね(笑)

ユナとミナの話す言葉のひとつひとつがキラキラまぶしく感じます。

たぶん、舌足らずな発音だったり、ゆっくりな話し方だったり、
赤ちゃんっぽさが残っているから、余計にそう感じるのだと思うし、
あ!今の言葉ははじめて話すわ~って、感動することもね、あります。

おまけに、ユナとミナのふたりの会話もね、楽しめますもんね。

こちらからの話しかけは、言葉そのものに頼るよりも、
コドモの感性に訴えるほうが、伝わりやすいことがあります。

「くつをそろえてね」って言うよりも、
そっと「おくつさんが、きれいにならべてほしいよ~ってエンエン泣いてるよ」って
ささやくほうが、え!って顔で玄関にとんでいったりね^^

ワタシは、ユナとミナの、そういう反応が好きです。

言葉というのは、早い遅いというスピードでは測りきれません。
ワタシの甥っ子は、3歳直前のお正月に会った時は、文章は話せなかったし、
単語がちらほら・・・両親にはわかるけど、ワタシには解りにくい発音でした。

「両親にはわかる」
そのときの甥っ子にとっては、それで十分だったのだと思います。
焦りのない両親の見守りで、甥っ子のペースで、ゆっくり言葉を身につけていきました。

「言葉が遅い」というとマイナスなイメージがついてしまうけど、
言葉はただ覚えたらいいものでもなく、ただ話せればいいものでもないんだなぁ。
コドモの行動と感情表現を見ていると、自分がいかに言葉に頼っているかを感じさせられます。

コドモは、表情で、声の出し方で、笑い方で、動作で、
嬉しい気持ちや、いたずらな気持ち、新しい発見を、伝えようとしてますもんね。

だから、見守る側としては、言葉をわかってあげることと同時に
そのときの気持ちをわかってあげることが、大切なんだなぁって・・・・、
甥っ子から教えられたことです。

今もね、ユナとミナは、あーその使い方間違ってるなって思う文章を話すけれど、
3歳前、という年齢を考えたら、別に変じゃない。

そのときふたりが言いたかった気持ちが、こちらに伝わることが、
その繰り返しが、ユナとミナにとって、いいことだろうって信じてます。


■興味いろいろ■

字を見ると、名前が書いてあると思うらしく、
「これは、○○ゆな、でしゅか?」って聞いてきたり、します。

聞かれたら、これは「○○って書いてあるのよ」って答えているけど、
読み方を教えることは、まだしていません。

時計を見て、
「もうすぐ○○のじかん?」って聞いてきたり、します。
時計は読めないけれど、時間という順番があるってことはわかってきたみたいです。

きょう、あした、きのう、という言葉を使うようになってきて、
それは正確に使えてはないけれど、それも順番を表しているようです。

数は、ユナは10まで数えられるけど、ミナはまだ怪しいかなー。
ミカンを4つとってきてー、とか
うがいは3回してねー、とか、
そういうときは、わかってるみたいだから、それでいいです。


思いつくことを書いてみたけれど、
いろんな面で、ゆっくりなユナとミナで、助けられてるかな。

ゆっくりというのは、成長面ということではなくて、
状況を理解するとき、行動にうつすとき、話し方、笑い方、
遊びの始まり方や終わり方、ひとつのところにとどまれる時間、
いろんなことが、ゆっくり^^

ワタシも一緒に、ゆっくりのんびりと、過ごしていきたいものです。

病気のこともあって、落ち込んでましたが、
違う病気だけれど、同じように体調のコントロールが難しい友人のところに、
行って話したことがきっかけで、浮上してきました。

動けなかったりしんどいときが続くと、
やっぱり後ろめたい気持ちや孤独感を持ってしまうから、精神的にも辛くてね、
そういうことを「そうそう!」ってわかってもらえると、気が楽になるものですね。

しばらくは大丈夫そう!
今日はリトミックはお休みしたし、土日はオットに頑張ってもらって、
ゆっくり過ごさせてもらいます。


いつもありがとうございます!ランキングに参加しています。
ポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

スポンサーサイト
ゆらゆら
2歳6ヶ月~

thema:2歳児の日常 - genre:育児


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。