スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


ウォルドルフ人形とシュタイナー
■赤ちゃんのお人形■
PC258056.jpg

随分前から作り始めていた赤ちゃんのお人形、
24日の夜にようやく完成しました!もう25日の早朝になっていたけどね^^;

少しづつ作ろうって思ってたんですが、なかなか夜に時間がとれなくて、
今週に入って、2日間、夜に時間をつくって仕上げました。
クリスマスに間に合って良かったー!

これはウォルドルフ人形のキットを買って作りました。25㎝ほどの大きさです。
ボディーは綿ジャージの布に羊毛をつめています。髪の毛や目や口は草木染の毛糸です。
ベロアの服は縫い付けてあるので、着せ替えはできない抱き人形です。
布と毛糸でできているので、汚れたら丸洗いできるし、補修もできます。

昨年の今頃にお友達のブログでウォルドルフ人形のことを知って、
関連してシュタイナー教育のことを少しづつ学んでいくうちに、
その「おもちゃ選び」について、とても影響を受けました。
あ~ワタシが求めていた子育ての姿ってこういうものだなぁって、共感できたんです。

そして、子供目線ではなく、ワタシ目線でおもちゃを選ぶことに、それでいいんだなって
ほっとしました。前は、そうは言っても子供むけに売られているおもちゃがいいんじゃないかと、
迷いがあったので・・・

そうしてシュタイナーが好きになって、自分が楽しいと思うことやできるところだけ
取り入るようになりました。

例えばテレビはほとんど見せなくなったし(もともとあまり興味がない子達でした)
リズムのある生活を心がけるようにしたり、、
なるだけおもちゃを選ぶときは、自然の素材や優しい色合いのものを選ぶとか、
子供が使わなくなってもインテリアとして飾れるものにするとか、
早期教育はしない(もともとワタシは興味がありませんでした)とか、
ファンタジーの世界を大切にするとか(もともとワタシがファンタジー好き。笑)。

まぁ、でも今まであった機械音がなるおもちゃを捨てたりはしないし、
家にはプラスティックのおもちゃだってあります。
プラスティックじゃないとできないこともあるので、そのことも考えて買ったら、
納得いきますしネ。

シュタイナーを実践しているとは、えらそうには言えないですが、
だって自然もいいけど商業施設も好きだし、
手作りも好きだけど買い物も好きだし、
旬の野菜のご飯を作りようにしているけどジャンクフードも食べるし、
なんとなくシュタイナーっぽいな・・・ぐらいの取り入れ方になってます。

おもちゃに関してはね、
たぶんこれからも、ふたりをおもちゃ売り場やお菓子売り場に連れて行って、
「欲しいものを選んでいいよ」って言うことはないだろうし、
(子供の選択に、えーこれ買うの?とか思っちゃいそうだし)

子供が使うものでも、買うとなったら親の責任だから、
買ったものがどうなるのか、使わなくなったら捨てるのか、いつかゴミになっちゃうのか、
その意味をわかっておいて、おもちゃを選びたいなぁって思います。

本当はね、おもちゃって、あんまりいらないと思う。生活用品がおもちゃになってたり、
木の枝や石で遊んでいたり、紙があれば描くものがあれば遊べたり、
子供が遊ぶのを見ていると、遊ぶって自由だなぁって感心します。

だから子供の自由な発想を、のばしてあげられるもので遊ばせたいなぁ・・・
そして作り手の思いが込められたものに触れさせたいなぁ・・・って思ってます。

この人形も、本来ならお母さんがユナとミナのために作ってくれた大切な人形として、
作っているところも見せて、手渡すのがいいのだそうです。

今回は、ふたりが起きている時間に作る余裕がなかったので、
「サンタさんが連れてきてくれた」という設定にしました。

次は、3歳を過ぎてから様子をみて、着せ替えができる大きな人形を手渡そうと思っているので、
そのときは作っているところから、見せてあげられたらなぁ。
あ、でも次回はちゃんと講習会で教わりながら作りたいな。

■ミナの人形■
PC258059.jpg

■ユナの人形■
PC258060.jpg

ベッドもどちらのものかわかるように、
カバーを色違いにものに作り直そうと思ってます。

さて、ふたりの反応は・・・楽しみにしながら、
お人形をクリスマスツリーの下に置いて、寝ました。


いつもありがとうございます!ランキングに参加しています。
ポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

スポンサーサイト
ゆらゆら
ハンドメイド

thema:2歳児の日常 - genre:育児


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。