スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


楽しみに待っているからね。
■えだまめむいてます!あ、落とした!■
P8245679.jpg

「さあ、そろそろお昼ご飯を作るね」ってふたりに話すと、
(家の中でもワタシについてまわっているので、次の行動を話す必要があるんです)

「ウナもはいる~!」「ミナもはいる~!」
って、だだっと窓際にある工作用の椅子を取りに行って、
自分達もキッチンの中にはいる!って、急いでもどってきます。

もう、お昼ご飯の用意は、一緒にするって決めたみたい^^;

ワタシもそれは解っているので、さて、何にしよう・・・って冷蔵庫の野菜を確認して、
今日は、枝豆と人参のポタージュスープを作ることにして、
ふたりに、枝豆をむいてもらうことにしました。

ゆでた枝豆を、ふたりに渡して、まめをここに入れてね・・・とボールを置いて、
ワタシはその間に、たまねぎのみじん切りと人参のいちょう切りをしていました。

■上手にむけるね!■
P8245681.jpg

ふたりとも、すご~く静かに、集中してむいていたんだけど、
よく見ていると、ときどき口が動いているんです。つまみぐいしてる!(笑)

「食べたらスープ作れないよ~」って声をかけてもね、
さやに3個入っているうちの1個を食べるペースになってきたので、
慌てて、ワタシも枝豆むきを手伝って終わらせました^^;

圧力鍋で、たまねぎを炒めてしんなりしたら、
人参、枝豆、お水、コンソメスープ、クリームチーズを少し、塩少々をいれ、
フタをして蒸気が出て3分ほど待ってから、火を止めます。

中身と牛乳、はちみつを少し入れて、ミキサーにかけて、
再びお鍋に戻して温めたらできあがり!
おにぎりと納豆、このスープでお昼ご飯にしました。

食卓についたユナとミナ、スープを見て、
「・・・・えだまめ、ないよ!にんじん、ないよ!」
って驚いた顔をしていました(笑)

え~っと、ミキサーにかけて、つぶしたのよって言ってもね、
イマイチわからなかったみたいだけど、スープを飲んだふたりに、
「何の味がする?」って聞いたらね、笑顔で「えだまめ~!」「にんじん~!」って、
言ってましたよ。はて、本当にわかったのかしら?

作っているところを見ていることで、楽しい会話ができて良かったな。


■ミナのすごい顔(笑)■
P8245687.jpg

「おかえり~!」って言ってます(笑)

なぜって、言えるようになったから!
今まで「おかえり」が言えなくて、迎える側でも「ただいま」って言ってたんです。
それが、急に言えるようになって、嬉しいんですねぇ^^

「こんばんは」も、覚えたようで、
今日は、何かというと、「おかえりー!」
昼間なのに、「こんばんはー!」
って、繰り返し、言ってましたよ。

■芸術は爆発だ!■
P8245690.jpg

勢い良く、円を描き続けてます。色を変えながら。
クレヨンもね、箱に色の場所がわかりやすく表示されているので、
ちゃいろはここ・・・ピンクはここ・・・と、決められた場所に戻すようになりました。

今までそうするように、あえて教えてなかったので、
自分で気がついて行動するようになったことを、喜びましたよ。
「クレヨンさん、自分のお部屋に帰れたね!色が並んで綺麗だね!」って。

コドモが身につけることで、
繰り返し教えたほうがいいことも、たくさんあるのだけど、
これは待っていれば自分でするようになるだろうなぁってことも、たくさんありますね。

繰り返して言っていること・・・例えば、
「叩いたら痛いんだよ」ってこと、「痛いから泣いているんだよ」ってこと、
「はい、ど~ぞ」「ありがとう」と、言葉をそえること、
「ばあば、ごちそうさま」と、ご飯を作ってもらった人に伝えること、

靴は「ぬいだらそろえてね」と言うこと、でも、ふたりが「イヤ!」と言うので、
「じゃあ、お母さんがそろえておくからね」と、声をかけること、

泣いて癇癪を起こしたとき、
「お口で話してくれたら、お母さんがしてあげられることがあるんだよ」って、
諭すこと、

あと、「トイレでおしっこしたくなったら言ってね」ってこと。
トイレトレーニングは、とりあえず声かけから・・・始めてます。

今は、「ウンチでたよ」「シッコでたよ」って教えてくれることがでてきたので、
じゃあ次はトイレでしてみようね、楽しみに待ってるからね~って言ってます。

待っていること・・・たくさんありすぎるけれど、
お箸を使うこととか、自分で着替えをすることとか。
(今は「かあかやって~!」って、やってもらいたいブームです)

こんなペースでいいのだろうか・・・と、
他の子供さん達を見てあせってしまうこともあるし、
同学年はもちろん、同月齢の子供さんの中でも、ふたりの行動の幼さが
際立つこともあるけれど、

いずれ、ユナとミナが、集団生活に入ってから、
子どもは子どもから学んでいくことが多いと思うので、
ワタシが今、ふたりに教えることは、目に見える「できること」とは、
また種類が違うことなんじゃないかな・・・と思うようにしています。

ユナとミナのペースでいいから、のびのびと!
幼稚園に入る前にできなくても、入ってからできるようになったらいいよ!

もちろん、こういう状況なので、
もし、来年から幼稚園に行くのであれば、
いわゆる「のびのび系」で、少人数で目が行き届くところなのが大前提なのです。


いつもありがとうございます!ランキングに参加しています。
ポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

スポンサーサイト
ゆらゆら
2歳6ヶ月~

thema:2歳児の日常 - genre:育児


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。