スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


トマトとかぼちゃ
■その手にあるものは・・・■
P7214800.jpg

お野菜のおすそわけをもらいました。
ばあばの妹さんから荷物が届くとね、いつも新鮮なお野菜をいれてくれていて、
それがすごく美味しいんです。

今回も、見てみてびっくり。なんて大きなトマト!

ユナとミナに、「ほら、これな~んだ?」って見せてみると、

「トマト、おっきい~!」
「かあか、はやく、ちょうだい!」


って、手を伸ばしてきました。
どうぞ、と渡すと、大喜び^^

■トマト、おおきいよ~!■
P7214796.jpg

ユナは、手の中で包み込むように持ったり、
つんつんつついてみたりして、十分に感触を楽しんだ後、ボールのように転がしてました^^

ミナもね、同じようにした後に、おもむろにかじりついてました。

■カプッ■
P7214799.jpg

本気じゃないから、薄皮が少しはがれただけだったけど、
やっぱり、かじりたくなるものなんだねぇ。

そして、トマトと一緒にもらった野菜は・・・

■カボチャ!■
P7214793.jpg

ぼっちゃんかぼちゃ、です。

「見て~。かぼちゃもあるよ!」って、トマトの隣に置くと(同じおおきさだ!)
ユナが、早速つんつん触ってました。

少し離れたところにいたミナが、ワタシの声を聞いて
「ボカチャ、どこや~」って、戻ってきて、
(相変わらず、ボカチャ、なんです!ときどき変な関西弁なんです!笑)

「これ、ミナの、ね?」
って、独り占めしようとしてました。

■ミナの~!■
P7214801.jpg

「これはね、みんなで食べるんだよ」って言うと、

「みんな?・・・・たべる?」
って、ふ~んそうなの?って顔で、繰り返してるなぁって思っていたら、
目の前のユナに向かって、

「ユナチャン、ど~ぞ」

って、食べさせようとしてました。

■ユナ、ど~ぞ■
P7214804.jpg

(皮まで食べられるかぼちゃだけど、生ではさすがに食べられないよ~。)

■あむ!■
P7214805.jpg

この後、ふたりの手から、野菜たちを取り戻すのが、すご~く大変でした。

「イヤ!ミナの~~!」「イヤ!ユナの~~!」
って言いながら、走って逃げる2歳児ふたり。

仕方がないので、キッチンのゲートを開けて、冷蔵庫に自分で入れるか聞いてみると、
喜んで行きましたけどね。なんというか、いろんな場面でね
「その気にさせる、あの手この手」の工夫がいります。

・・・・時間がないとき、次にする行動が決まっているときは、あの手この手で誘うよりも、
「○○するか、○○するか、どちらがいいか選んで」
と、二者択一で、自分で選ばせることのほうが多いかな。

自分で選んだことは、自分で決めたことだから、ちゃんとしようね・・・という具合に、
言い聞かせます。どっちもイヤ!って泣いてもね、
「どちらか選びなさい!」と、聞き入れません。
選ばないなら、「お母さんが決めるけどいいの?」ってね。

家の中で、ワタシとユナとミナの3人だけだと、
こういったやりとりはスムーズに進むことが多いのだけど、外に出るとなかなか難しくて。

まず、見るものが多くて刺激が多い場所だと、声が入りにくくて、
(聞こえていても、頭に入らないみたい)
幼稚園のプレクラスやリトミックなどではね、言い聞かせるワタシの声は、
耳から耳へ抜けて言ってます^^;

最近、「双子って、いい意味でも困る意味でも、相乗効果を発揮するよ」
って、言われたことを、実感する場面がちらほらと出てきたなぁ・・・。


いつもありがとうございます!ランキングに参加しています。
ポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

スポンサーサイト
ゆらゆら
2歳~

thema:2歳児の日常 - genre:育児


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。