スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


お母さんも工夫してます。
■困った顔・・・■
P7094586.jpg

「ウナのバック・・・ない」

って、困り顔でワタシに訴えてきたユナ。

めずらしく、落ち着いた声で言ってるなぁ・・・と思いつつ、
(~がない!とか、~ができない!となったときって、大抵、泣き叫んでますから)
ユナが探しているのはどのバックのことだろう??と、聞いてみました。
「ワンワンのポシェット?」
「くまさんのバック?」

どちらに対しても反応が薄いので、たぶん違うんだろうナ。
え~~、これ以外にユナが気に入っているバックってないよねぇ・・・
と、困ったなぁ・・・と思いつつ、念のため、ユナがすでに手に持っているバックを、
指さして、聞いてみました。

「ユナちゃん、両手にバックを持ってるよ」

ん?という顔で、右手のイチゴのバックを見て、
それから左手の黒のバック(中にはおもちゃのお金を入れてます)を見て、
「あ!」って顔をしました。探していたバックだったようです(笑)

色々と手に持っていくうちに、忘れちゃったんでしょうね。(たぶん、そんなこともあるかと)
ということに、しておきます^^


ユナが、何かあったとき、ワタシに訴えてくる頃には、
もう散々困った後のようで、

「かあか~~○×△~~~うわ~~ん」

と、できない!わからない!どうにかして!
と、泣き叫んでいることが多いです。

今までだったらね、「はいはい・・・」と、ユナをなだめつつ現場に行っていたんですが、
最近は、その場で、落ち着くように言ってから、
何があったのか、どうしたのか、話すように促してます。
お口で言おうね。お話ししてね。って。

ちゃんと話せるとは、思ってないけれど、語彙が随分増えてきたので、
断片的でも言葉でいうようにしていくことで、気持ちを落ち着かせたり、
考えたりできるようになるかなぁと、思って。

そうやってみると、案外ね
「ん?」って、顔をして、考えるようになってます。

ふたりがケンカしたときでもそう。

ユナがミナのものだとわかっているものを持って、走って逃げているとき、
それがわかった瞬間から、ミナは泣いてます^^;

シクシク・・・じゃないですよ、「ぎゃ~~ん、わ~~ん」って大泣きして(大げさなんです・・・)、
ユナを追いかけたり、ワタシに、泣きついてきたり。

だから、ユナが自ら、直ぐに、「どうぞ」と返しに来ても、
泣いてパニックになっているから、んぎゃ~~もう!とばかりに、ユナを叩こうとするんです。
いきなり叩かれそうになったユナは、当然やり返す・・・(ああ・・・ケンカになったヨ・・・)

前だったらね、
「もう!ユナ~~~!ミナが泣いてるでしょ!返してあげて!」って、
ユナに、お願いだからケンカの火種を作らないで~とばかりに、言ってたんですが、

今はね、まずはミナに、
「お母さんに言ってくる前に、ミナがユナに言ってごらん。
 返してちょうだいって。ミナが言ったら、ユナはきっと返してくれるよ。」

ってね、泣くのをやめて落ち着くように、どうして欲しいのか自分で言うように、
促すようにしました。ユナも大抵そばにいるので、ユナにも聞こえるように言ってます。

そうしたらね、ミナが、まだぐすん・・・となりながらも泣きやんで、
「・・・・ミナの!ちょうだい!」
って、言えることがでてきたし、

ユナもね、それを聞いてどうしようかなって葛藤しつつも、
ミナが何度か繰り返したり、ワタシが、「ミナが言ってるよ・・・ユナはどうする?」
って、声をかけたりすると、「・・・・どうぞ」って、できることが多くなってきました。

(別のものを渡そうとすることもあるけど。でもミナはそういう代替案はダメなんです^^;)


こんな様子を見ていると、
ワタシが直接的にふたりの間に入るより、間接的にふたりの行動を後押しするほうが、
いいのかなぁ・・・って思うようになりました。ダメと言う回数が減るし、
ミナには、ちゃんと言えたことを、ユナには、ミナが言うように返せたことを、
褒めることができますもんね!

いつも、上手くいくわけじゃないんですが、
少しづつ、言葉で自分の気持ちを、人に伝えることができるように、
なって欲しいなぁ・・・と思ってます。

■ふたりで家の中を行進中■
P7094587.jpg

■ユナ、赤ちゃんにおっぱいをあげます^^■
P7094590.jpg

■ミナ、ユナにネンネの顔を見せてます^^■
P7094596.jpg

ユナは寝たフリが上手なんですが、(食事中に寝たフリをしたりしてます。笑)
ミナは、口が笑ってるから、バレバレです(笑)

最近、ふたりとも、おどけた顔やポーズをするようになって、
ひょうきんな一面もみせてくれます。

・・・・家の中では、ね。

■幼稚園の夏祭りに行きました■
CIMG2754.jpg

地域の幼稚園の夏祭りに行ったんですが・・・やや緊張した顔のふたり。
前にも、何度か親子広場に来ているんですけど、
この日はお祭りということで、人も多いし賑やかな雰囲気にびっくりしたみたい。

口に手をやる仕草は、やや不安なときのふたりのくせ、です。

さあ、こんなときは、ワタシはどうしたらいいのかな。
「大丈夫!」って言ってあげたらいいのかな。
抱っこは、できないしね。(ふたり抱っこはもう無理・・・)

ということで、不安になりやすいふたりに、おまじないを考えました。

向かい合って目を合わせながら、両手をぎゅっと握って、
「ダイジョウブ、ダイジョウブ」って言ってから、
「チュ」って言って、鼻と鼻をひっつけます。

鼻と鼻をぎゅ~とこすり合わせるとね、おでこもひっつくし、
ふたりともくすぐったいし、思わず笑っちゃうみたい。

ほら、おまじないをしたからもう大丈夫よ!
ってね。お母さんのおまじない、効いたらいいんだけどな。


いつもありがとうございます!ランキングに参加しています。
ポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ


スポンサーサイト
ゆらゆら
2歳~

thema:2歳児の日常 - genre:育児


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。