スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


「よく頑張りましたね」
■きゃっきゃっと騒ぐむすめ達■
P4033339.jpg

今日、おばあちゃんの家の近くを、久しぶりに散歩しました。
夕方だったので、公園から帰る子供達や、そのお母さん達をたくさん見かけたし、
その、ちょっとした集団と狭い道で出会って、すれ違った後に、

「あ、双子や」

という、幼い女の子の声が、背後からしました。
よくあることなので、特に何も考えず、

「うん、双子やねんよ」
と、振り返って応えたんですが、子供達の後ろにいたお母さん達のひとりに、

「あ、うちも双子なんです」
って、言われて

「え?あ、そうなんですか!」って、驚いて、目の前の子供達を見てみると、
(あら、あららら、本当だ、この子達、双子なんだわ!)とわかる女の子がふたり、
その友達の女の子がひとり、男の子がひとり、
こっちを見てました。

目を向けると、子供って話しかけてきますよね!

「ぼく、年子やねん」
「今日から小学生やねん」
「一年一組!」「ぼく、2組!」
という、双子じゃない女の子と男の子が口々に話す言葉に、

「そうなんや~」って相槌をうちつつも、
双子の女の子たちを、どうしても見てしまうワタシ(笑)

双子の女の子達もね、ユナとミナのことがどうしても気になるようで、
興味深そうにじっと見てました。

ユナとミナは、ワタシの手を離して子供達に近寄って、
目の前でピョンピョン跳ねたり、ご機嫌に笑ってましたよ。


双子の女の子のお母さんがね、
「今、お幾つですか?」って話しかけてこられて、

「2歳になったところです」って、笑顔で応えたら、
(双子のお母さんと話せることが嬉しいし、とても優しそうで感じのよい方で、
それがまた嬉しくて!)

「そうなんですか」って大きくうなづいてね、
「よく頑張りましたね」って、言われたんです。

え?うん?なんて言おう・・・
「ええ、前に比べたら楽になりました!今は2歳のイヤイヤ期に怒ってばっかりですケド」
なんて、
「双子は、大変でしょう?」って声をかけられたときと同じ答えをしたワタシ!

そのお母さんはね、ワタシの失笑気味の言葉よりも、
目の前で、にこにこ笑いながら、駆け寄ったり離れたりしているユナとミナに、
「あら、まあまあ!」って、目を細めて笑いつつ、

そばに寄ってきた自分の娘を、抱き上げて自転車の後ろの乗せながら、

「この頃になると喜びを運んでくれますよね」

って、言われました。

・・・・よく頑張りましたね。も、喜びを運んでくれる。も、
穏やかにさり気なく言葉にされたこの女性・・・・たぶん歳の頃はワタシと同じぐらいで、
・・・とても、とても、素敵でした。

ちょうど、その場でもうひとりのお母さんや子供さんと、お別れだったようで、
双子の女の子のもうひとりは自分の自転車で、そして、男の子も自分の自転車で、
4人で去っていかれました。

「引き止めてしまって、ごめんなさいね。双子さんだったので
話しかけたくなってしまって」

という言葉を残して。

ワタシは、何度も「ありがとうございます!」って言っていた気がします(笑)

そのときになって、気がついたんですが、
「ぼく、年子やねん。」って言った男の子、双子の女の子のお兄ちゃんだったんですね。
女の子たちは幼稚園の年長さんって言っていたし。

よく、頑張りましたね。

って、その言葉、何倍にもして、言ってあげたい。


今日は、素敵な出来事がありました。
同じ年頃の女性で、双子育児の先輩から、ねぎらいの言葉をかけてもらったこと。
素敵な言葉を、教えてもらったこと。

「幸せだな」って思うことは、ユナとミナとともに過ごす毎日の中で、
よくあることなんですが、初対面の立ち話で、なかなかそこまで話すことってありません。

喜びを運んでくれる。

・・・・ワタシも、さり気なく、そう言えるようになりたいな。

P4033341.jpg




いつもありがとうございます!ランキングに参加しています。
ポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

スポンサーサイト
ゆらゆら
2歳~

thema:2歳児の日常 - genre:育児


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。