スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


大涌谷の思い出
■もくもくもく・・・■
PB100213.jpg
(ああ、あの迫力の風景は、この写真じゃ伝わらない!
広角レンズが欲しい・・・と、はじめて思った瞬間でした。)


箱根の旅の最初に、ロープウェイに乗って向かったのが、大涌谷です。
ロープウェイからも、山を超えた瞬間、目にとびこんできたのが、岩肌と立ち上る煙。
それまで紅葉の彩りに見惚れていたのに・・・・、一瞬にして風景が変わって驚きました。

ユナもミナも、じーーっと目前の風景を見つめていて、
驚いているのかどうかはわからなかったけれど・・・・、怖がってはいなかったな。

ワタシは、その風景をひととおり眺めてから、
平日なのに、たくさんの人がいることに気づいて驚き、(さすが箱根の秋!)
予想以上に寒いことにも驚き、外国からの観光客の多さに驚き、
人々列をなして向かっている先を見て・・・・・「あの上?」と、不安になりました。

階段、階段、ず~~~っと階段です・・・。うーーん、足がもつかなぁ・・。

階段を下りて、坂の上の売店があるところまでは、ユナとミナの手をひきながら、
ゆっくりと歩いて行けたんだけど、そこから先に進むにつれて、
緩やかだけどずっと階段で、もう自分が歩き続けることに、いっぱいいっぱいでした。

■ここからは、急な階段に■
PB100218.jpg

上まで登ることは諦めて、ここでみんなを待つことに。
こんなところでポツンと立ち止まっているのは、ワタシだけだなぁ・・・と思いながら、
通りすぎていく人たちを見送り、写真を撮ってました。

カメラを渡して、撮って来てもらえば良かったかな。
ユナとミナが見た風景を、ワタシは見れなかったな。

って、しみじみ感じる余裕ができたのも、今だから。
このときは、「座るところがある場所まで、戻れるか」と不安で、
距離にしたら、わずかなのだけど、普通に歩けたら2、3分なのだろうけど、
下りの階段は、力が入らない足には最も苦しいのです。

帰り道は、オットの腕につかまりながら階段を一段下りるのに、
力が入らない足に、いらだち、あせり、
ユナとミナは、オットとあと誰が抱っこしていてくれたのか、記憶もあいまいで、
とにかく足がガクッと崩れないように、
あまりの歩みののろさに、後ろで人が行列になっているんじゃないかと思ったけれど
振り返る余裕もなく、一歩、一歩が、必死で、
必死で頑張ったけれど、
「あっ!」と思った瞬間、ガクリと地面に、
転ぶというより、横座りになってしまっていました。

自分で立ち上がったのか、引っ張りあげられたのか、覚えてないけれど、
その場で立ったまま、泣いてました。
緊張の糸がプツッと切れた、って、こういうことなんでしょうね。
くやしさと、情けなさと、恥かしさと、後悔で、こらえられませんでした。

「泣いたって、どうしようもない」ってわかっているし、
普段はこんなことは絶対にないのに、たまにしか会わないオットのお母さん達に、
心配をかけてしまったと・・・・自分に呆れながら。


今回はね、靴の選択も間違えてたんです。
普段はスニーカーか、ヒールのない靴を履いているんですが、
久しぶりの旅行に、浮かれていたんでしょうね、ワタシ。

涼しくなって調子も良くなってきたし・・・と、箱にしまわれっぱなしだった
妊娠前に履いていたお気に入りのブーツ(ヒールあり)を取り出してきたりして。
ルンルン気分で、それを履いて、大阪から出発してしまったわけですよ。

ちょっとヒールが高いかな・・・とは思ったんだけど、
登山をするわけじゃないしって思って。
ユナとミナを抱っこしてくれる人手はあるし、大丈夫だろうと思って。

でも、大阪から神奈川への道中で、すでに足は疲れてました。
そしてその結果が、こう。アホやなぁ・・・ワタシ。
大体、ユナとミナだって、ワタシに抱っこして欲しいときだってあるだろうに・・・。
ほんと、色んな意味で、自分が情けなかったです。


■名物「黒卵」を握って、ご機嫌なり■
PB100234.jpg
(ユナとミナは、ケープ姿が目立つのか、
特に、中国からの観光客の方々からは、注目のまとでした^^)


こんなことがあったけれど、それでも大涌谷に行けて良かったな。
色々と、気づくこともあったし。

・・・・・もうヒールのある靴は永遠に箱に眠ったままなのかな・・・って思うと、
ちょっと寂しい気持ちになる、かな。やっぱり。

それがそんなに重要なことなのか、と言われると、
もっと大切なこと、大事なことはあるから、そうでもないって思うけれど。
まぁ・・・ちょっと、寂しかった。それだけのこと、です。


気を取り直して・・・・、

次が、もし、あるならば、今度は歩きやすい靴を履いて、
ユナとミナと一緒に、頂上を目指すぞー!
あ、オットも一緒ね(笑)ヨロシク。

■三国峠にて■
PB100254.jpg

富士山が、見えました!



いつもありがとうございます!ランキングに参加しています。
ポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

メールで感想をいただくことがでてきたので、コメント欄を次回から開けます!
お返事が書けるかな・・・・ちょっと不安なのですが。よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
ゆらゆら
1歳6ヶ月~

thema:★★1歳児の日常★★ - genre:育児


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。