スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


はな、バイバイそしてありがとう
今日、7月3日は、愛犬はなの命日です。

一年前の今日、はなは天国へと旅立ちました。
そして同じ日の夕方、ゆなとみなが私のお腹に宿っていることが
判明したのでした。

まるで昨日のことのようですが、もう一年経ったのですね。

はなは、私の実家で飼われていた犬です。
その頃私の実家は、神戸にありました。私が生まれ育った町です。
はなは私達、本当の子供が成人した頃、その位置を埋めるかのように
家に来たのです。

知り合いの人から訳あって飼えなくなった犬がいると聞いて、
父と母がもらいに行ったとのこと。今まで犬なんて飼ったことがないふたりが
突然子犬をもらってきたのです。驚きました。

その日からふたりははなを子供のように育てました。
愛情をかけて躾をして。ときには甘やかして。

犬って愛情をかければかけるほど、それに応えようとするのですね。
はなは、新聞を父に渡したり、ロープを持ってきて散歩をねだったり
家族のかけがえのない一員となったのでした。

そして若かったはなも年をとり、すっかり落ち着いてきた頃、
父が闘病生活わずか5ヶ月で他界しました。

最後まで父が治ると信じて看病を続けた母の落ち込みは
見ていられないぐらいのものでした。

もう家を出て夫と暮らしていた私は、いったん実家に戻りましたが、
悲しみが癒えるには相当の時間がかかるだろうと思っていました。
それまでずっと実家にいるわけにはいきませんでした。

やがて週末ごとに実家に帰るようになり、平日は母とはなだけの
毎日になりました。

そう、はなは変わりました。
何も言わず、ただただ母のそばにずっといました。

一日中カーテンが開かない日もありました。
暗い部屋の中で、ちょっとしたことで泣いてばかりの母でした。
もちろん散歩も行ってませんでした。

犬にとって、決まった時間にご飯を食べて
決まった時間にお散歩に行ってというサイクルを崩されるのは
大変なストレスだったと思うのです。

それでも文句も言わず、ただ待っていたはな。
はなは、本当にえらかったね。

少しづつ母が立ち直って、散歩に行くようになり、はなと会話し、
はなとともに生活を始めて一年とちょっと、

はながもう寿命が長くないことが判ったのです。

私は、とにかく母のことが心配でした。
やっと父の死から立ち直り始めていたのに、ここではなが死んでしまったら
どうなるのだろう?大丈夫だろうか?

また一人(匹)、家から家族が去ってしまうのです。
そして今度こそ、一人暮らしになってしまうのです。

一人になるって辛いことですね。

朝起きて「おはよう」と言う、ごはんを食べて「おいしいね」と言う、
それだけのことを言い合える人(犬)が側にいるということは、
とても幸せなことなのですね。

そんな心配とともに、
はなの容態はどんどん悪くなっていきました。
6月に入って、もう歩くのもやっと。ご飯を食べることもできなくなり、
ついには寝たきりになりました。

その状態で半月以上、はなはほとんど意識がないなかで、
母の声にしか反応しなくなっていました。

もう頑張らなくても楽になってもいいよ、と何度も思いました。
でもはなは驚異的ながんばりで、7月を迎えたのです。

そして3日の午前0時10分、母の腕のなかで、眠るように旅立ちました。
私も週末毎に実家に来ていたのでそのときに立ち会いました。
最後の鼓動が感じられなくなった瞬間を覚えています。

・・・・・終わった。
遺骨を抱いて家に帰ってきたとき、私も母もそんな感想でした。

はなの容態を心配し続けた日々が終わりをつげ、
心にぽっかり穴があいたよう。

母のことが心配ながらも、自宅に戻った私、
そういえば今日が予定日であることを思い出しました。

これまで8回ほど、落胆の月を過ごしていたので、
あまり期待をせずにいたのです。

でも少しドキドキしながら検査をしたところ、
はじめて、本当にはじめての陽性反応でした。

直ぐに母に電話しました。
母は電話口で泣いて、喜んで、その喜びの声からは
きっと母はこれで大丈夫と私に確信させるものがあったのです。


ねえ、はな。
わかっていたのかな?そんな訳はないとは思うけれど、
この日まで頑張って生きていたのは、偶然なのかな?
だから安心したかのように、最後はすやすやと逝くことができたのかな。

今は天国で父さんのそばにいるでしょうね。
はなのことだから、すぐに見つけ出せたでしょうね。


ねえ、父さん。
口には出さずとも自分がいなくなった後のことが心配でしたよね。
はなは立派に母の支えになりましたよ。今は一緒にいますか?
父さんがいなくなったことも、はなは理解していたようでした。
でも、夕暮れの散歩中、駅から坂を上ってくるスーツ姿の人影が見えると
はなは必ず立ち止まってじ~っと見てました。近くに来るまでずっと。

家族に忠実で優しい犬でした。


そして、ゆな、みな。
あなた達の存在がわかった日、私達は二度の涙を流しましたよ。
悲しみの涙と嬉しさの涙。
悲しみを打ち消すだけのパワーが、まだヒトの形もしてなかった
あなた達の存在にありました。かけがえのない命の存在が、一人の人間の
生きがいになりえるのですよ。

今、おばあさんは、あなた達の世話を一生懸命してくれています。
そのことを、忘れてはいけませんよ。

母よりもおばあさんを大切にしなさいね。

それが、命を継いでいくということです。
今ある命を大切に、そして未来に命を継いでいってくださいね。

そんなことを教えられたのも、はなからなのですよ。
それも忘れないでくださいね。

はな、一年経ちました。
毎年、お祈りは続けますけれど、悲しむのは今日で終わりにします。

はな、本当にありがとう。


20070703033632.jpg



ご訪問ありがとうございました。最後まで読んでいただいて感謝します。
また次への期待をこめてポチッポチッと押してくださいね
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

感謝、感謝デス♪
スポンサーサイト
ゆらゆら
伝えたいこと
27 0

thema:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - genre:育児


comment
泣いちゃいました。
はなちゃんはきっとユナミナちゃんのことを分ってたはず。だから安心して天国にいけたのでは?
ゆらゆらさんがお父様やお母様、パパさん、はなちゃんを大切に思っていることこそが二人に自然と伝わり、きっとユナミナちゃんは周りの人を大切に思いやれる素敵な女性になりますよ☆これって言葉で言っても伝わらないことですもんね。ゆらゆらさんに育てられたら絶対自然とそうなります。素敵な方だもん!
きっと今天国でお父様とはなちゃんはユナちゃんミナちゃんを取り囲む、ゆらゆらさんやお母様やパパさんを一緒に見守ってくれてますね☆
2007/07/03 08:31 | | edit posted by yunairo
アタシ、無宗教ですが、生まれ変わりとかあまり感じませんが・・・。

何か感じるものがありますね。

(中途半端ですみません、なぜか胃が痛くなってきちゃったので、短いですが終わります・・・。ほんとはもっと書きたいのだけど・・・。)
2007/07/03 08:34 | | edit posted by いずみ
私にも忘れられない子達が(犬 猫 ウサギ)います
動物って 落ち込んでいる時 本当に横にいてくれるんですよね

私の父も去年2ヶ月の闘病の後 亡くなりましたが
そんな父が犬の散歩の時 鎖がはずれ 追いかけて行ったんですが見つからず1時間ぐらい探した後 家に帰ると先に犬が帰ってきていて真剣に その子に向かって 怒っていたのを思い出しました^^
命の尊さ・・感謝の気持ち 忘れないようにしたいです
2007/07/03 10:04 | | edit posted by まま
読んで泣いちゃいました。

こういう「命を継ぐ」って話ありますね。
不思議な見えない糸でつながってるんですね。

うちの場合は、
両親のやっていたお店を事情により閉めることになって、
その閉める日に最初、妊娠がわかったので、
明るいニュースで励まそうと電話したのですが、
店を閉めたことには大きな落胆はなかったようで、
多少拍子抜けしましたけど。
(ゆらゆらさんとは比べものにならない話しですみません)
けど、最初の子が心拍聞こえずにダメで、
その後みきさきの妊娠がわかった時は
最初の子が帰ってきてくれたんだと思いましたよ。
だから、なるべくして双子なんだと。

にしても、文章が上手すぎて
感動してしまいました。
2007/07/03 10:56 | | edit posted by みきさきママ
涙が止まりません。

私の母は心臓病で人の3分の1しか心臓が動いていないんですが、その母にどんなときでも寄り添っているのが実家にいる犬です。
その犬もココ最近心臓に雑音があり、無理ができなくなってしまいました。もう老犬でもあり、獣医さんは覚悟は決めて残りの時間を大事に…と言っています。

もし、あの子に何かあったら私の母は大丈夫なんだろうか、と思います。そしてもし、私の母に何かあったとき、実家の犬は、そして私は立ち直れるんだろうか、と思います。
命って本当に尊いですね。

言いたいことがなんだかまとまらなくて・・・。
乱雑なコメントですみません。

2007/07/03 11:10 | | edit posted by じゅあもんママ
犬って従順で健気で意地らしくて泣けてきます。
お母様を守りきったワンコさん偉いですね。
きっと今もお父様と見守ってくれているんでしょうね。
私も娘に母よりジジババを大切にしなさいって言いたいと思いました。
2007/07/03 12:09 | | edit posted by とも
うちは猫ですが、実家には15歳になるおばあちゃん猫がいて、一緒に住んでる猫は8歳の猫。
ともにに生活するようになった始めの頃はとても元気でしたけど、
やはり年とともに動きやご飯の量が変わってきて、
あぁ、あと何年生きてくれるかなと思うようになってきました。
その日が来るのは間違いないのですが、想像しただけで涙がこみあげてくるんですよね・・・。
私はまだ動物との永遠の別れを経験したことがありません。
この先2度来るのは確かなこと。
耐えられるかな・・・。
ペットロスになりそうですよ;;

2007/07/03 12:23 | | edit posted by だまき
とても素敵な、そして幸せなワンコですね。
犬の幸せって、愛情をもらえることと、役割があることだと思います。
たくさん愛情をもらった犬って、その分役に立ちたいと思うそうです。自分の存在が大切だと思われるのは、犬にとってとっても幸せな事だと思います。
お父さん、お母さんがはなちゃんをとても大切にしていたのが感じられました。
2007/07/03 12:42 | | edit posted by ドギ
犬って、ずっと飼ってると犬ではなく人になりますよね。
人間同士よりも心が通じてるような気がします。
はなちゃん、お父様がご健在だった頃には家族の為に、亡くなられてからはお母様の為だけに一生懸命に生きてたんでしょうね。
そして、はなちゃんは自分が逝ってしまっても皆が悲しむ事のないようにユナミナちゃんを授けてくれたのでしょう。
犬だって人だって、ひとつだってふたつだって大切な命。
それって人から習うより動物や植物から習う事が多い気がします。

ユナミナちゃんがいる=はなちゃんがこの世に居た証ですね。
命のつながりがあるからこそ、その死も悲しみだけではないと救われる部分が大きいです。

2007/07/03 13:03 | | edit posted by ちゅうやん
すごい泣けました
はなちゃんにはわかってたんですね
ゆらゆらさんのお腹の中の新しい命が。。。
ゆらゆらさん母ももう大丈夫だと安心できたのかな、はなちゃんはきっと幸せだったんでしょうね
うちにも愛犬がいるんですよ、長男妊娠のときです
なかなか子供ができない月日を過ごしてたある日、
いつも私の膝の上で寝てる愛犬が膝の上に乗らなくなり、私が何をしてても私の横から離れなくなって1週間、
予定日だったので妊娠検査薬してみたら陽性反応がでたのです!しかも一卵性の双子ちゃん!
大喜びだったのですが数週間後、今度は私の膝の上に乗りお腹にもたれかかり離れません!
今思えばあたためてくれてたのかな。。。双子の一人が亡くなったときでした。。。長男は一人元気に産まれてきてくれました。
そして1年前、また一卵性の双子ちゃんを妊娠!愛犬はいつもと変わらず、このくるが元気に生まれることがわかってたのかな?!
その愛犬ももう12歳です。
1日でも長く元気でいててほしいな。。。
2007/07/03 13:04 | | edit posted by あき
泣いちゃいけないんでしょうが悲しくて泣いちゃいました。
お母さん大変でしたね。今わ元気にされてますか???
一人ぼっちと言うのゎホントに寂しいもんです・・・
話し相手がいないんですもんね・・・
ゆらゆらさんが大きな力になってお母さんを勇気づけ
お父さんとはなちゃんの変わりになってあげてください♡

ユナミナちゃんゎ生まれ変わりなのかもしれないね・・
お父さんとはなちゃんの・・・2人一緒に生まれ変わってきたんだよ!!
良かったよね♪
ユナミナちゃんおばあちゃんを大切にしてあげてね♡
2007/07/03 14:15 | | edit posted by kanarin
皆さんと同じく
泣いちゃいました。

はなちゃんに会ったことはなかったけど、話や年賀状に
よく登場してたものね。
本当に立派なワンちゃんだったんだね
 
おじいちゃん、おばあちゃん大事にしてあげなくちゃね
2007/07/03 14:42 | | edit posted by みほりん
私、こういう話。弱すぎです。
もう涙が溢れて止みません(泣)
生き物って全てにおいて大切な存在ですよね。
うちの両親は健在でしたが、私が結婚すると決まってからしばらく母がうつ病のようになり、心配する毎日が続いていました。
結婚して家を出てからも「寂しい、寂しい」と言われ、辛い気持ちになるコトもしばしば。。。
この頃母は仕事をしてなかったんですよね。
やっぱり何かするコト(生きがい)って大事なんだと思います。お母さんにははなちゃんが居て、それも一つの生きがいだったと思います。
私も双子姫を妊娠した時、母はかなり喜んでくれましたよ。ずっと待ちわびた孫の存在。それも双子。
こんな嬉しいコトってないです。
その時にはもう大分母の調子も良くなり、仕事も始めていたので心配するようなコトはなかったんですけどネ。
今は仕事には忙しい、孫・子供の世話には忙しい、たまには休みをちょうだいよってな位、今は元気過ぎです(笑)
そんな親の存在って本当大事にしないといけないなって私も思います。
素敵な犬のはなちゃん、きっとお父さんと天国で楽しくやってると思いますよ!

2007/07/03 15:18 | | edit posted by nn-mama
命を継ぐ
いい言葉ですよね。

一人でジーンときてしまいました・・・

いろんなものから教えられますね。
決して目をそらさないことの大事さを感じました
2007/07/03 15:57 | | edit posted by ぷぅ父
読んでいて・・・
自分の父親が亡くなったときの事を
思い出しました。母親の姿・・・子供だったんですが
しっかり覚えてますね。
命・・・生きること 
まだまだ勉強しないとダメだな~って思いました。

お子さんたちは そんなママさんの気持ちをしっかり受け継いでいくんでしょうね。
月日は あっとゆ~まに過ぎるような気がします。
毎日毎日しっかり頑張っていきたいですね。応援2♪
2007/07/03 16:13 | | edit posted by 仁愛
こんにちわ♪
ランキングからかわいい写真だな~って
お邪魔したんですがステキなお話に涙でそうでした。
うちもかけがえのないペットがいますんですごく
気持ちわかります。
ふたごちゃんははなちゃんからのプレゼントだと思います。
じーんとしちゃうな。
動物を心から愛せる人にわるい人はいませんもの。
応援ポチポチ~♪
2007/07/03 21:55 | | edit posted by しょんちゃんママ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/07/03 22:24 | | edit posted by
涙が止まらなくなりました。
私も以前記事にしましたが、6年前に母を亡くし、
ずっとかわいがっていた猫も去年なくなりました。
本当に本当に悲しかった。。
でも色々なことを教えてくれた母にも感謝しているし
わたしの心の癒しとなってくれた猫にも感謝しています。
izutomoが産まれて、めまぐるしく生活することで
悲しみを紛らわしてきたこともあります。
何年たっても悲しみはありますが、ゆらゆらさんのように
悲しむのは終わりにして感謝だけを胸に
これからも一生懸命生きて行きたいです。
はなちゃん、これからもおばあちゃんをはじめ、
ユナミナちゃんファミリーを見守っていてあげてくださね。。。
2007/07/03 22:33 | | edit posted by izutomoママ
涙が止まりません。。。。。。。
ゆらゆらさんのお話と違いがありますが、、
私の実家にも若菜ちゃんという愛犬がいました。
若菜ちゃんも両親の生きがいであり、、わが子のように
可愛がって暮らしていましたが、
2年前の冬に亡くなりました。。
それからの両親の落胆の日々など、、重なりました。。


私も思います!!!!!!
命の繋がり。。
あると思います。

若菜ちゃんもしっかり命をつなげて旅立ちました。

はなちゃんとお父様と若菜ちゃんが天国でお散歩してることを願っております。

(私の母もゆらゆらさんのブログのファンでいつも読んでいるみたいで、、今日は涙が止まらないと言っておりました)
2007/07/03 22:46 | | edit posted by 青空
かぁ~、この記事はダメだ、泣けてくる...
うちのコメントで言ってたのはこのワンちゃんなんですね(^_^)
うちのはなも、こういう時がくるのかって思うと悲しくなります。
ゆらゆらさんみたいに、ありがとうっていっぱい言えるように、これからも楽しく一緒に生活していきます(^_^)
応援ぽち2
2007/07/03 22:53 | | edit posted by m.まーくん
おおお、泣いてしまった!!
子供と動物の話はすぐに泣いてしまう・・・。
私も大の動物好きなんです。気持ちは分かります。
そしてお母さんの気持ちを考えると心が締め付けられました。
神様も分かってくれたのね・・・。
私も色んな死に向き合ったけど、悲しいものですね。
でも子供の声は元気を与えるそうなんです。(江原さんが言ってました)
だからお母さんもお世話で元気を貰っているはず!!
張り合いがあるのって良いですもんねっ、親孝行ですね。

応援ppp・・・
2007/07/04 00:09 | | edit posted by ミックスツインママ
何か書きたいんですけど・・・
うまく言葉が出てこなくて。
ただただ勝手に涙が出てました。
自分で子供を生んでから涙もろくなって・・・
きっと命の重さをわかったからかな。
それは動物でも同じなんですね。
命を継ぐ いい言葉ですね。
2007/07/04 01:20 | | edit posted by あっこ
お返事です!
皆様、たくさんのコメントをありがとうございました。
コメントが書きづらい記事だろうなぁと思っていたので、
色々書いてくださってありがたいなぁと感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、皆様にも、かけがえのない命を失ってしまった経験や
ともに暮らす動物から力をもらった経験があることを知って、
少なからず共感の気持ちを持ちました。

私は信仰心も厚いほうではないですし、知識もないので、
あまり難しく考えられませんが、

はなの「一生懸命生きた!!」様子、
はなが眠りについた日がゆなみな妊娠4Wジャストだったという偶然、
私の母が「再び前向きに生きよう!!」と思ったきっかけ、

そんなことから、「かけがえのない命」の大切さをゆなみなに
伝えていけたらいいなぁと思います。

もちろんゆなとみなは、はなと父とは別物ですから、
母も同じように愛情をかけているわけではないのです。

ただ、自分の命は自分だけのものじゃない、
周囲の人に自分は生かされているんだよねってことを
感じていってもらいたいなぁと思っています。

言葉では伝えにくいですね。
ゆなみながこの話をどう解釈するかも、わかりませんし。
でもきっといつか熱く語りますよ、彼女達に。笑

一番考えられるのは、私の母に対する態度や言葉からゆなみなが
学んでいくのだろうということです。気をつけなければ。笑

時間がないので、申し訳ないですが一言づつで。
あと皆さまのところへのご訪問は今日はできそうもないので、
明日になります。ごめんなさいね!!

 
 >yunairoサマ

  今も天国で見守ってくれてるって思うだけで、優しい気持ち、頑張ろうという気持ちに
  なれるんですよね。いつも暖かい言葉をありがとうございます!


 >いずみサマ

  私も信仰心は薄いのです・・ゆなとみなは、誰の代わりでもないと思ってますよ~。
  生と死は考えだすとホント胃が痛くなりますよ!笑コメントありがとう!


 >ままサマ

  以前記事でも読ませてもらいました。色々思い出すことがありますよね・・。
 命の尊さ、感謝の気持ち、私も忘れないようにしたいです!ありがとうございました。


 >みきさきママサマ

  みきさきちゃんがなるべくして双子、という想い、そんな事情があったのですね。
  この場合、本当に最初の子が還って来てくれたんじゃないかなぁって私も思いましたよ。
  良かったね、ふたりいて本当に良かった!


 >じゅあもんママサマ

  お母様と犬が寄り添っている様子を想像してしまいましたよ。本当に仲が良さそうですね!
  犬の愛情は深くて忠実ですから、人間の私達も負けないようにしたいですよね。
  今をなるだけ楽しくたくさんの時間を一緒に過ごしていきたいですよね。
  うまくいえませんが、お母様の健康を私もお祈りいたしますね。


 >ともサマ

  本当に犬の愛情って見ていて頭が下がる思いです。父と一緒に見守っていてくれるって
  思うだけで、優しい気持ちになれますよ。暖かいコメントをありがとうございました!


 >だまきサマ

  動物を飼うときは、その寿命をわかっていてもついつい先のことと思ってしまいますよね。
  でも確実に別れはくる・・・想像だけでも泣いてしまう気持ちはわかりますよ~。
  もう子供のようなものですものね・・。うちも今はモモがいるので、またあるわけで。泣


 >ドギサマ

  やはり愛情なんですね・・あと役割。人間も似てるなぁって思いましたよ。
  はなは幸せだったかな。うん。暖かいコメントをどうもありがとうございます!


 >ちゅうやんサマ

  家族の中で「死」があっても、まだ生まれたての「生」があるだけで、
  元気になることがあるんですよね・・。だからそこにすがろうとする人もいるんだなぁ。
  それぐらい赤子のパワーはすごいです。それに動物からは単純に「命は大切」って、
  教えられますよね!

2007/07/04 02:58 | | edit posted by ゆらゆら→皆さまへ
子供の話と動物の話は涙腺が(ノДT)
今頃はお父さんとはなちゃんで
ゆらゆらさん家族とお母さんを
見守ってくれてるでしょうね~(*´∀`*)
私は長男を産む2週間前に
4年間飼ってたハムスターがお空へいってしまい
すっごく悲しかったです。たかが、ねずみ~と
前夫に言われましたが大泣きもんでしたよ↓
目がみえなくなって、おなかをこわすようになり、
歯がのびて何も食べられなくなって・・・
日に日に老衰していく姿が切なかったです。
今頃、お空でもゲージから脱走してるかしら・・?

お母さんは孫の世話をするのはきっと楽しいでしょうね。
たっくさん甘えてお世話してもらっちゃいましょう~
それがきっとお母さんにもいい時間になりますよね☆
2007/07/04 03:00 | | edit posted by ヴィヴィ
お返事です!②
 >あきサマ

  犬ってやっぱりすごいですね・・。読んでてじ~~んとしましたよ。
  そうでした、一度目の妊娠は辛い思い出もあるのでしたね。2回も一卵性の
  双子ちゃんを授かったあきさんは、ものすごい運をもっていそうですね。
  賢い愛犬さん、長生きしますように!


 >kanarinサマ

  今は母もとっても元気に双子の世話を毎日しに来てくれてますよ!
  悲しいことを考える暇がないぐらいなんでしょうね。笑
  これからもそんな母を大切にしていこうと思ってます。暖かいコメントを
  ありがとうございます。


 >みほりんサマ
 
  うん、学生の頃にうちに来たからね~。話にはよくでていたかもしれないなぁ。
  よく頑張って生きてくれたなぁ、って感謝の気持ちでいっぱいなんだよね。
  それに子供を産んで、自分の親のことも本当に大切だなぁって思うようになったよ。
  忙しいのに、コメント本当にありがとう!!
  

 >nn-mamaサマ

  お母様もそんな辛い時期があったのですね・・。やりがい、生きがいがあるって
  本当に大切ですよね。そして孫を産めたことも良かったなぁって思いますよね!
  はなも楽しくやってると思うだけで嬉しくなります!ありがとうございます。


 >ぷぅ父サマ

  命を継ぐ、私も子供を産んで始めて思ったことなんですよね・・。命の大切さ、
  自分だけでは生きていけないことも感じました。いろんなものから教えられて
  学んでいきたいですね!コメントありがとうございました。


 >仁愛サマ

  お父様のこと、前に記事でちらっと読ませてもらったことがありました。
  いくつになっても思い出すことがありますよね・・。
  生きることについては、私もまだまだ勉強が必要だなぁと思います・・。
  日々一生懸命頑張ることが大事だなぁ!と仁愛さんのブログで思いますよ。


 >しょんちゃんママサマ

  はじめまして!実は私も以前お邪魔させたもらったことがあります。
  愛犬がいらっしゃるのでしたね。うちもはなが残してくれたもの
  とっても大きいです。動物が好きな子供になって欲しいな~って思いますね・・。
  また遊びに伺いますね♪ありがとうございました。


 >izutomoママサマ

  お母様を亡くされているのでしたね。私も何年経っても思い出すと
  涙が出そうになりますよ・・。動物も人の心の癒しになったり支えになったり、
  いなくなるとそのかけがえのない存在がわかりますよね。感謝の気持ちでいっぱいです。
  私も今を一生懸命に生きたいなぁって思います!


 >青空サマ

  若菜ちゃん、可愛い名前ですね!コメントを読んでいて、天国ではなと若菜ちゃんが
  出会ってたら嬉しいなぁって思いましたよ。犬も一生懸命に生きますものね。
  命の大切さを伝えていきたいですね!!
  お母様も、読んでくださっているなんて本当にありがとうございます!


 >m.まーくんサマ

  そうなんですよ・・。まーくんさんのブログで犬の十戒のお話がでたときに
  色々と思い出しましたよ。同じ名前のはなちゃんが、まーくんさん家で楽しく
  過ごしていると思うだけでもなんだか嬉しくなりましたよ~。コメント、ありがとうございます!


 >ミックスツインママサマ

  ママさんと同じく、私も動物と子供の話は最近とても弱いです!
  赤子のパワーってすごいなぁって本当に思うんですよね。悲しみもふきとばす
  パワーがありますよね。それにお世話で忙しいから悲しいことも
  考えられない・・。暖かいコメントをありがとうございました!


 >あっこサマ

  私も子供を産んでから、ものすごく涙腺が弱くなったし、心にぐっとくる
  話が多くなって困ります・・。笑 動物も命の大切さをとても強く
  教えてくれるなぁって思いますよ~。コメントをありがとう!!

 
皆様、コメントをどうもありがとうございました!  
2007/07/04 03:49 | | edit posted by ゆらゆら→皆さまへ
お返事です!
 >ヴィヴィサマ

  私も子供と動物の話にはめっきり弱くなりました。はなと父が天国から
  見守っていてくれるって思うだけで優しい気持ちになれますよ~。
  もちろんヴィヴィさんのハムスターちゃんも元気に走り回ってますよね。
  暖かいコメントをありがとうございました!!
2007/07/04 03:57 | | edit posted by ゆらゆら→ヴィヴィサマ
泣いちゃいました。
私は今17歳ですが、いつかママになる夢を持っているので
ゆらゆらさんのような考え、気持ちを持っていたいと思います。
2008/12/18 14:17 | | edit posted by なつみ
comment posting














 

trackback URL
http://mamapapatwins.blog90.fc2.com/tb.php/105-2d1c312f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。