スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


ワタシ帝王切開で産みました!
出産についての記録を残しておこうと思う。
ワタシは、妊娠36週と4日で帝王切開にて双子を出産した。

帝王切開での出産は、端的に表現すると、
「決められたスケジュールをさくさくとこなし、あっという間に感動のご対面」とでもいおうか。
もちろん出血がとまらない等のトラブルがなければ、の話である。

手術は午後からだったので、午前のうちに診察を受けて、手術服(!)に着替え、
点滴を開始。手術の一時間前には、麻酔がかかりやすくなる作用があるという
筋肉注射を2本打った。これがひじょーに痛かった。

もちろん前日の夜より絶飲食中で、食べることが何より好きなワタシが耐えられるのかと、
オットは非常に心配してくれていたが、ワタシだってもういい年した大人。
空腹に耐えられないからってこっそりお菓子をつまみぐいするなんてこと、
するわけないじゃない・・・か。(本当にしそうなんである。byオット)
いやはや、お腹が減ったりのどが渇いたりしなくて、
本当に良かった。

そしていよいよ手術室へ。
オットと母達に見送られて、ベットごと運ばれたワタシは手術台へと移り、
腰部へ麻酔を打たれた。これはまったく痛くなくて、
正直もっとも恐れていた瞬間だったので、拍子抜けするほどだった。
これも人によってはすごく痛かったという話もあるので、
ワタシの場合、事前の筋肉注射がよく効いていたのかもしれない。

そこからはまさに「まな板の上の鯉」状態。
両腕には血圧計やら酸素測定器やらつけられて腕置き台に固定され、
まったく下半身の感覚がなくなった状態で、尿道カレーテルを挿入。
そして医師2名、助産師3名、小児科医1名立会いのもと、手術が開始された。

まず最初に主治医じゃないほうの医師が一言、
「大きいね~!!こりゃりっぱなお腹だわ!」
まあ、この病院では最も巨大なお腹を抱えた妊婦でしたから、ワタシ。

そして手術は密やかに流れるバックミュージックと、医師二人の和気あいあいとした
明るいおしゃべりの中、さくさくと進み、ワタシは時々話しかけられたことに
あいまいな返事を返しながら、
「手術っておしゃべりしながらでもできるんだなぁ」なんて感心したりしていた。
おかげでちっとも緊張しなかった。

待ちに待ったむすめ達との対面は、手術開始から20分程でやってきた。
「ほら、もう出てくるよ!」との医師の声に、「いよいよなんだ」って思った瞬間、
泣き声が聞こえてきた。「大きいよ!元気いっぱいだね」と助産師さんの声とともに、
ワタシの視界にベビーが現れた。

「おぎゃー、おぎゃー、おぎゃー!」
顔を真っ赤にして泣いている。
手に足に、力をいっぱい入れて全身で泣いて産まれてくるんだね。
一分差で生まれた二人のむすめ達。二人とも無事に産まれてきてくれて本当に良かった。
母は感動したよ。涙がでてきたよ。
ワタシの両胸に乗せられた二人をみて、「可愛いね・・・」それだけしか言えなかったよ。
帝王切開でも、産まれたときの感動は十分に味わえたね。

体重は2690gと2680gで、健康状態も良く、そのままワタシと病室に帰ることになった。

そしてワタシはベットに寝たまま両脇にむすめ達を抱えて、
オット、両親のねぎらいの言葉、廊下まで見にでてきてくれた妊婦さん達に迎えられ、
病室へと凱旋したのである。

スポンサーサイト
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
4 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


3人一緒に退院できたね!
出産から1週間、そして入院から3週間半にて、待ちに待った退院となった。
結局一度も夜間の母子同室は行えず、若干の不安を残しての退院ではあるのだけど、
実家に帰る(と言っても家から5分の距離なのだ)ため、何とかなるだろうと思っていた。

この日のために準備した服を着せることが嬉しい、それを皆にお披露目できることが嬉しい、
久しぶりに外に出れることが嬉しい、家族の生活が始まることが嬉しい、
・・・・嬉しさいっぱいだ。
隣のオットも笑顔、笑顔である。まあ、むすめ達が産まれてこのかた、ずっ~~~~~と、
顔がゆるみっぱなしなのだけど。そんなオットも悪くないけどネ。

唯一悲しかったことといえば、仲良くなった双子妊婦さん達との別れぐらいかな。
あと2、3週間後にはみな次々と出産予定なので、みなのベビーちゃん達に会いたかったな。
我がむすめ達はいっぱい抱っこしてもらったもんね。
落ち着いたら、皆で双子用ベビーカーを押して、遊びに行きたいものだね。

退院の日はちょうどお七夜だった。
名前はもう決まっていたので、命名書に書いてお披露目した。
今日からきみ達は、優那(ユナ)と美那(ミナ)だよ。社会の仲間入りだね、おめでとう。

「人に優しく、心の美しい子であれ。
 何事にもおおらかにゆったりと取り組める子であれ!」

ワタシとオットの願いである。


ゆらゆら
妊娠・入院・出産
4 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


ほうれん草カレーから星の王子様へ
<オットの独り言>
今日のタイトル「ほうれん草カレーから星の王子様へ」とは
もちろん娘達のう○ちのことである。
生まれてすぐは緑色だったのに、6日たった今では少し前に流行った
スープカレー(甘口)のようになっている。
さすがにおいしそうとは言わないが、1日1日地上の生活に順応しようと
してるんだなあって感じるのだ。
明日いよいよ娘達とツマが退院する。
期待と期待で一杯である。
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


順調!順調!
<オットの独り言>
娘達はいたって順調である。
よく飲み、よく寝る。
寝ることと食べることが生きがいであるママに似てるなあ。

ママに似てるといえば、きのう娘達の血液型がママと同じことが確認された。
生まれる前から予想していたのであまり驚かなかったが、
このことでパパは我が家の勢力争いで一歩後退することになった。
(結婚前からすでに敗れているという話もある。)
ママの血液型は一般的にマイペースな人が多いといわれているので
娘達もマイペースに育つのかな・・・?
すでに一人が泣いている横でもう一人が全く気にすることなく
すやすや寝ているところを見ると、
かなりのマイペースちゃんになると確信した。

順調すぎる娘達の一方でツマには少し心配なところがある。
出産後両腕に脱力感があり、力が入らないらしいのだ。
先生曰く、出産後急に重い二人のレディーを抱えたからではないか
とのことであった。
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
2 0

最初のお風呂!
<オットの独り言>
出産後3日目にして初めて沐浴をした。
助産師さんがきれいにしてくれた。
生まれた時の羊水が頭についていて、髪の毛がチリチリで
パパの天パーを見事に受け継いでしまったかと心配していたのだが、
沐浴から戻ってきた二人はさらさらヘアーになっていた。
でも、パパもママもくせ毛だからそのうちくせが出るよ、君達!

20070218225840.jpg

ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


ありがとう!
2007年2月15日午後1時55分56分
ついに2人のレディーが誕生した。
1人目が2690g2人目が2680gと双子にしては大きいらしい。
とにかく無事に生まれてくれてありがとう。
そして、今まで9ヶ月仕事しながら家事もしてくれたツマにありがとう。
みんな今後もよろしく!


20070217000157.jpg

ゆらゆら
妊娠・入院・出産
4 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


出産前日
いよいよ明日の午後帝王切開での出産である。
あんなに長く感じた入院生活も、少しずつ話をする妊婦さんが増えて
病室に遊びに行ったり、一足先に出産した双子ママの話を聞いたり
しているうちに、ここ数日はあっという間に過ぎていった。

先日オットとともに主治医から説明を受けた。
・局所麻酔なので、ベビー達の産声を聞けること。
・切開方法には縦切りか横切りかを選べること。
・お腹が大きく子宮ものびているので、出血が止まりにくい可能性があること。
・小児科医が立ち会い、必要があればNICUに入ることがあること。

などなど。
ワタシは手術も麻酔も初めてなのだけど、不思議と不安はない。
どちらかというと、明日には傍らに二人の娘がいて、
ワタシがママ、オットがパパなのだと思うと、興奮してしまう。
なんだか信じられないぞ!
こういう人は多いのだろう。今晩は睡眠薬を出してくれるそうだ。
でないと眠れそうにないもの。

娘達はどっちにだろう?
髪がうすくて、顔も薄味顔だったらワタシ似だな。
目がパッチリ唇うすめで色黒だったらオット似だな。
ワタシとオットは、あまりにも似てないどころか正反対の顔つきなので
ミックス顔というのは想像できないなあ。

とにかく無事に生まれてくれたら、それでいい。
予定日より1ヶ月近く早いから、びっくりするかな。もっとお腹にいたいかもね。
でもいいかげん窮屈になってきてるでしょう?
早くその小さくて愛しくて、可愛い顔を見せてほしい。
ママもパパも、バアバ達もみんな待ってるからね!
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
1 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


5キロオーバー
<オットの独り言>
ツマからメールが来た。
今日出産前最後の検診があってお二人の推定体重が
一人2,500グラムを超えたらしい。
もしこのまま40週までお腹の中にいたら
いったい何キロになっているんだろう。
まあ、とにかく順調!
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


あと3日!
<オットの独り言>
♪もーいくつ寝ると~♪って
季節はずれな歌が頭の中でリピートされている今日この頃です。

嵐の前の静けさって今の状態をいうんだろうな。
その静けさと楽しもうと思っていたんだけど、結局何もせずあと3日になってしまった。
出産後には楽しめない遊びってなんだろう。
あと2日遊べるんだけど、結局何もせず我が家の戦争は始まってしまいそうだ。
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


父の努力
<オットの独り言>
父は娘達を「たかいたかい」するために体を鍛えている。
普段から体を動かすのは好きなのだが、今年からジムに通い始めた。
まず、ジョギングで体力の強化、次にマシーンで筋力アップをするのだ。
特にダンベルを使って上腕を鍛えるときなどは、片手で10キロ以上のものを持ち上げるのだが、
これで2~3才まではだっこ可能だな、なんで思ったりする。

父は大人になってそこそこの年月が経っているのから、
昔のようにちょっと食事制限をすれば痩せるということはない。
そこには努力が必要なのだ。

娘たちよ、あなた達の運動会で恥ずかしい思いをさせないようにがんばるよ。
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


一般病棟の風景
管理入院となって4日目、MFICUから一般病棟に移った。

これまでとどこが変わったかって、新生児べびーちゃん達の泣き声が
あちらこちらから聞こえてくるのだ。
今まで新生児の泣き声ってほとんど聞いたことなかったからなあ。
ふぎゃーふぎゃーと可愛い声を聞くだけでほほえんでしまう。
新生児室をみせてもらったときなんて、あまりの小ささと可愛らしさに
思わず涙ぐんでしまったくらいだ。

一方で、産後すぐの母子同室でお世話を始めた新米ママさんたちの
疲労困憊のお顔もみかけられる。助産師さんに
「夜、下に下ろすとすぐに泣くんです。」「うまくおっぱいが飲めないみたいなんです。」
などと話しているのを聞いていると、少し不安もわいてくる。
ワタシも二人のお世話が待っているんだよね・・・。大丈夫かな。
うーん。夜二人が交互に泣いたら寝られないよね・・・。

きっとあと1週間後には、ワタシも疲労困憊ママさんの仲間入りなんだろう。
そして、ジジババや家族がみな笑顔でベビーちゃんを囲んでいるのを、
どこかほこらしげに見守っているママたちの一人になるんだろうな。
楽しみだ。
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


オカンはすごい
<オットの独り言>
ツマを見て、双子の妊婦は不便なことが多いなあ、大変だなあと思っていた。
色々と人に手伝ってもらわないとできないことが多いし、
体調も普通の人より気を遣わなくてはいけないし・・・

便利な世の中になっても、双子妊婦にとって生活しやすいとは言えない。
と、考えると母が私達男二人を産み落とした頃は、さぞかし不便だったろうと思う。

三十数年前、母は30代で初出産した。しかも双子。
当時の医療技術ならかなりのリスクがあったはずである。
そのうえ、父といえば商売をしていた関係で毎日忙しく、
妊婦をいたわるようなことはしてなかったはずである。
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


出産方法について悩む
双子妊娠であることを話すと、「やっぱり帝王切開で産むの?」と
聞かれることが多い。実際は必ずしも帝王切開というわけではなく、
経膣分娩で出産することも条件によっては可能だ。

ワタシの場合、身長が高め、母子ともに経過が順調とのことで、
一人目が頭位なら経膣分娩も可能と言われていた。
もちろん二人とも頭位であれば問題はないわけである。

そして妊娠32Wの検診で、出産方法についての話があった。
このとき一人目は頭位で、二人目は逆子。
二人目はずっと逆子だったので、このままだろうと思われた。
で、「経膣分娩は可能で大丈夫と思われるけど、二人目は逆子だから
リスクがないわけではない。」
という、「最終的にはワタシ達家族の判断ですよ」
と、出産方法の選択をすることになったのである。

ワタシ「どうしよ~~~。先生は可能っていってるし、大丈夫だと思うんだけどナ。
    帝王切開だと立会いもできないし・・・」

オット「う~~~ん・・・。」
ワタシはどちらかというと直感で動くタイプである。根拠は後からついてくる。
いや、あとでくっつける・・・つまりこの時点で根拠はナイ。
一方オットは慎重に見極めて動くタイプであるのだが、たいていの場合、
ワタシのしたいようにさせることが多いような気がしないでもナイ。

ワタシはそんなに経膣分娩がしたいのかな?・・したいなあやっぱり。
だって陣痛を乗り越えて、がんばって産むからこそ感動するってイメージだもの。
それに立会い出産で、娘達がこの世界に出てきた瞬間をふたりで見守りたいなあ。


本当に悩んだ。頭の中でも悩んで、それをオットに話しながらまた悩んだ。
最後までワタシの中では、ワタシの希望と娘達の安全とで、迷いが消えなかった。
こんなときはオットの言葉で納得することが多い。

オット「ほんの少しのリスクがあるなら帝王切開にしたほうが
    いいんじゃないかな。」

ワタシ「そうだよね。やっぱり娘達の安全が最優先だよね。」
結局私達は、帝王切開で出産することに決めた。
36Wを過ぎたら大丈夫とのことで、36Wと4日が出産予定日となった。
子育ては夫婦ふたりでするものだけれど、出産だってそうなんだな。
これからもこうやって1つ1つふたりで話しあっていこうね。
オットよ。

ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


立会いは正装で
<オットの独り言>
ツマの病院は面会時間や面会できる人を厳しく制限している。
感染症防止と数年前に起こった連れ去り事件の教訓から、
セキュリティーを強化しているためらしい。
面会時間は平日15時~20時、休日13時~20時。
休日は良いとして、平日に面会するのはサラリーマンにとっては一苦労なのだ。
面会時間内に病院に行くのは困難なので、無理言って時間外に
少しだけ会わせてもらっている。
友達のみならず兄弟さえも面会してはいけないので、ツマのお母さんか
オットが行かなければ、退屈すぎて発狂してしまうかも・・・

面会といえば、出産したての赤ちゃんをパパ、ママ、両家のご両親が
取り囲んでいる場面に遭遇することがある。
そこで気になるのが、パパさん達は必ずスーツを着ているのだ。
仕事場から駆けつけたという緊急感漂うわけではなく、
神聖なお子様を拝みに行くには正装していくのが当たり前、
といった雰囲気なのである。

普通はどうなんだろう。

ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


MIFCUに入院!
管理入院となって5日目、妊娠35Wに入った。
心配していた妊娠中毒症状もでてこず、ベビミちゃんの推定体重が
2,300g台となった。ほっ、よかった~~~、一安心。

さて入院当初、ワタシはMFICUにいた。
MFICU(母体胎児集中治療室)とは、合併症を伴う方、流産の可能性のある方など、
リスクを伴う妊娠及び産後に出血の多い褥婦などが入院する施設

なのだそうだ。

ワタシの場合、妊娠中毒症の疑いがあったこと、多胎妊娠とのことで
MFICUに入ることになった。
で、いざ入ってみたら5人入院中、5人とも双子妊婦だった!

20W代に早産の兆候が出て、他院から転院してきた人、30Wで管理入院になった人
などなど早産のリスクがある人がほとんどだ。
みな、子宮収縮抑制する(張りどめ)点滴を24時間している。
やっぱり多胎妊娠ってリスクを伴うんだな・・・。

お昼を皆で食べながら色んな話をした。
ベビーベッドは買った?何台?ベビーカーは縦型?横型?
オムツやほ乳びんはどれくらいいる?平日はだんなさん帰ってくるの早い?
出産は何週頃っていわれてる?出産方法は?などなど。
双子妊婦ならではの悩みや疑問もあり話がはずんだな。

週数はワタシが一番進んでいるので最初に出産することになる。
このまま順調にいけば来週にはその日がやってくる。
娘達に会いたい気持ちは日に日に増していってるよ!
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


引越し
<オットの独り言>
ツマが2回目の引越しをした。
2人部屋から個室への引越しである。

体調はまったく問題ないのだが、ゆっくりできず
睡眠も十分に取れないので移動をお願いしたようだ。
これで落ち着いて出産に望んでくれたらいいな。





ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


入院生活
<オットの独り言>
今日ツマのところへ行ってきた。
入院当初はMFICU(妊婦専用集中治療室)に入っていたのだが、
急患が来たため、MFICUの中ではブッチギリに元気なツマが
一般病棟に移ることになったのだ。

ココの病院は出産後すぐに母子同室なので出産前のママと出産後のママが
同室になることがある。今日からツマが移った部屋にも、昨日出産したママがいる。
睡眠が必要な出産前のママと、夜中の授乳などで睡眠が取れない出産後のママが
同室っていうのも不思議だ。

ツマの状態は非常に順調で今日も二人のお子様は元気にお腹を蹴り上げていた。
今の問題は暇すぎることらしい。
何よりも寝るのが好きなツマだから、入院したらとことん寝るのかなと思っていたけれど
足の付け根が痛んで長時間寝られないらしい。
こればかりは出産までどうしようもないらしく、
明日は睡眠と同じくらい好きなマンガを差し入れようと思う。
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

父の悩み②
<オットの独り言>
父はいつも悩んでいる。それは2人がかわいすぎたらどうしようということである。
我が子は誰でも「かわいい」ものだが、想像以上に「かわいい」場合はどうしよう。
モテるのはいいがモテ過ぎるのは困る。
たとえ「パパのパンツと一緒に洗いたくない」と言われようが、
かわいいものはかわいいのである。

かといって、まだ1歳にもなっていないのに、「部長」と呼ばれている友人の娘ちゃんのように、
貫禄がついても困る。エリートサラリーマンにとって「部長」という響きは嫌いではない。
むしろ好きな方だ。
あえて言うなら「部長」と呼ばれるために仕事していると言っても過言ではない。
その夢の肩書きを父より先に付けられるのは辛いのだ。

やっぱり普通が一番。元気ならそれで良いぞ。

と、毎日こんな他愛の無いことを考えているのだよ、娘達。
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


父の悩み①
<オットの独り言>
今一番の悩み。
それは娘達に嫌われることである。
まだ生まれてもいないのにけっこうまじめに考えている。
パパ=おっさんと思われるのはいつだろうか。
自分では若作りしているつもりなので当分は大丈夫だろうと
タカをくくりつつ、その時は以外に早かったりして。
早い子は3歳くらいからパパとのお風呂を嫌がると聞く。

オオッ、あと3年しかないぞ。

しかも、そのショックといったら人の2倍じゃないか。
残念なことに、さすがの外資系エリートサラリーマン(もちろん自称)
のパパでも、これを受け入れる精神力は持っていない。

これはまずいことになった。こうなったらとことん甘やかして
来るべき日を先延ばしにするか。
でも、甘やかしすぎて社会に適応出来なくなっても困るな。
新しい趣味を持つ。これはイイ。我ながらイイ考えだ。
たとえ嫌われても趣味という逃げ場がある。でも、何にしよう。
困った、困った。

娘たちよ!父は生まれる前から悩んでいるのだぞ。
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
2 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


本日入院
<オットの独り言>
ども。オットです。
今朝、ツマの入院の付き添いをしてきました。
集中治療室のある病棟に入ることになりちょっとアセりましたが
ギャル達の元気な心音を聞いたらホッとしました。

あとは2週間祈るのみです・・・

ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。