スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


初めての胎動
妊娠18Wに入り、記念すべき一回目の結婚記念日がやってきた。
そうワタシ達、実は結婚してやっと一年なのだ。ラブラブ新婚生活続いてま~す!って
言いたいところだけど、なにせ付き合いは10年選手なもので、穏やか~に、
のんびり~と、お茶を飲みつつ縁側で・・・・って、そこまで老夫婦モードではナイ。

ところで妊娠がわかってからというもの、いつの間にかママ・パパモードに
入ってませんか?一人目の妊娠の場合。

ワタシは検診でベビー達の様子を見られるし、4ヶ月頃には日に日にお腹がでてきていたので、
すんなりママモードに入って、「ママだよ~、今日は天気がいいね~」
な~んて話しかけたりしていたけれど、オットはどうだっただろう?

今でも鮮明に覚えていることがある。
18Wの検診のとき、いつも以上の長い待ち時間に焦れて思わずため息をついてしまい、
「まだかなぁ」とつぶやいた。そのときかすかに、“ぽこぽこっ”と泡がはじけるような振動を
お腹の表面近くに感じたのだ!!
「えっ???もしかしてこれが胎動?!」

胎動ってぼこっと足で蹴られるイメージだったんだけど(今はそうだよ!手足だけでなく
頭も使ってぐにゃ~とでてくる!)最初の頃ってほんと可愛いらしい。

さて、その日仕事から帰ってきたオットに早速報告。
ワタシ「ベビー達の初胎動を感じたよ!ぽこぽこ蹴ってるわ~」
オット「えっまじで??」
と少し驚きつつも、ぱぁっ~~~と満面の笑みを浮かべているではないか。
オットはいつも穏やかモードにつつまれており、喜怒哀楽を努めてだすほうではナイ。
(ワタシとは反対じゃ)

だもんで、「おっ、かなり喜んでるぞ」とワタシも嬉しくなったものだった。
それからしばらくたち、お腹の上から手で触って胎動を感じられるようになり、
「お~~~~」と言いつつ、手でなでなでしながら、「パパだよ~」だとか
「ギャル達よ(死語!)」だとか、「よしよし~」だとか、すっかり甘々パパモードに
突入していったのだった。
このオットが娘達を怒ってる顔なんて、ちっとも想像できないぞ。
まあ今までも怒ったとこって見たことないんだけど。

そんなわけで、胎動ってすごいです。
ベビー達が自分達の存在をワタシ達に主張している。「ここにいるよ~」「気持ちいいよ~」
「しんどいよ~」
etc・・・コミュニケーションの始まりなんだね。

今じゃお腹が大きくなって体を動かすのが大変なので、出産が待ち遠しいぐらいだけど、
この胎動を感じられなくなるんだよな~と思うと、ちょっぴりさみしい。

娘達よ、ワタシのお腹の中にいたときのことを、ちょっとでもいいので覚えておいてね。
そしていつかワタシ達に、話してほしい。


スポンサーサイト
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
0 0

thema:マタニティライフ - genre:育児


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。