スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


ふたご妊娠?!
はじめまして。
2月中頃にふたごのママとパパになる私達。一体どんな生活が待っているんだろう?!
と期待と不安が入り混じっている今日この頃。

思えば双子妊娠が発覚したときのことなんて遠い昔のような気がする。
あれは妊娠6Wの二度目の検診のときのことだった。
今日は心臓が動いてるのが確認できるかも!と期待に胸をふくらませていたわたしの目に、
ぴょこぴょこと動いた球形が目に入ったときはお~っと声をあげて感動した!

でも・・・あれ?ん?もうひとつ横でぴょこぴょこ動いてるような・・・
「先生、気のせいかもうひとつぴょこぴょこと・・」みなまで言わぬうち、
医師は「双子さんですね!おそらく一卵性ですよ」とにっこり告げてくれた。

え~~~~!!!と驚きつつも、「やっぱりなぁ」とも思ったのは、
ワタシの母がなぜか「双子」が生まれると信じていたこと、
オット自身が双子だったこと、などあったから。

驚きつつもにこにこしているワタシに向かって、
医師「おそらく一絨毛膜性なので、注意が必要ですよ」
ワタシ「へ?わたし体動かす仕事してるんですけど~」
ベテラン看護師「双子は異常妊娠に分類されるんですよ!」
と真面目な顔で宣告された。

あれから夏が過ぎ秋が過ぎさり冬がやってきた。
無事産休に入り、現在妊娠33W、おふたりとも推定体重が2100gを超え、
妊婦は制限体重をかるくオーバーし、小山が突き出た腹でよちよち歩き、何をするにも
「よっこらせ、よいしょっ」と気合を入れて声をださねばできない状態になりながらも、
まだ入院はしたくないよ~~~と、いつ宣告が下るかびくびくしているワタシ。

一方オットは「そんな無理せんでも、入院したほうが楽でしょ~」、
「DS買ってあげるから」と甘い言葉を投げかける。
で、今日から出張に行ってしまわれた。

あ~、色々考えすぎたら胎教に悪そうなので、よしっこの際ブログを立ち上げてみよう!
となりました。出産(もしくは入院?!)まではこれまでのことを振り返り、
それからは子育てについて日々思うことを語っていこうと思います。

お気軽に立ち寄って、お暇つぶしに読んでいって下さいね。
よろしくお願いします!
スポンサーサイト
ゆらゆら
妊娠・入院・出産
9 0

thema:双子の子育て - genre:育児


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。