スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


停滞中
長い間、音信不通の状態になっていて、申し訳ありません。
新しいブログのお知らせ、まだできていません(泣)

実は、今、つわりに苦しんでいます。
4月に妊娠がわかりました。ちょうどユナとミナが幼稚園に通いだした頃です。

当初、少量の出血が続き、切迫の危険性が指摘されたので、
毎日大丈夫かどうか、ドキドキしながら過ごしていました。
連休明けに心拍が確認できて、出血もなくなり、切迫の危険性はなくなったのですが、
今度はつわりが始まりました。

最初は、トマトが食べたい・・・ってぐらいの感覚だったのに、
みるみる間に、食べ物が口にできなくなってきて、食べては吐き、飲んでは吐き、で、
先月半ばからここ1カ月、起きている間中、吐き気との戦いが続いてます^^;

ユナとミナのときは、食べつわりだったから、何かしら食べたいものがあったのだけど、
今回は、食べられるものを探すのが大変で、
あ~こんなにつわりって、前と違うものなんだなぁって驚いています。

早く終わって欲しい・・・・

もうすぐ妊娠14週に入ります。

そう、今度は単胎妊娠です。ひとりです。
診察のたびに、「先生、ほんと~~に、ひとりですよね?!」って、
それもう、しつこくしつこく確認して苦笑いをされました(笑)

今日はここまで・・・
また吐き気がきそうなので、終わりにします。

赤ちゃんができたよ、ってユナとミナに伝えたときの反応、また書きます。
できたら、新しいブログに書きたいのだけど。

スポンサーサイト
ゆらゆら
3歳~


お知らせ2
P4210414.jpg

お知らせの更新です。

スイマセン、新しいブログの準備が遅れています。

4月中旬以降に、とお知らせしていたのに、
連絡はまだかなぁ、遅いなぁ・・・と思っていて下さっている方もいらっしゃるかな??
本当にごめんなさい。

PCを開く時間もなく過ごしていたのもあるし、思いも寄らない出来事があって、
身辺がバタバタしていました。連休明けにはそれがいったん落ち着く予定です。
それから、新しいブログのご連絡を始めようと思っています。


ユナとミナは、元気です!
ワタシは、元気!なのですが、やや疲れています(笑)

やっぱり、新しい生活に慣れるまでの期間は、親にも必要で、
例えば、毎朝寝坊しないように起きる、とか、忘れ物がないように準備する、とか
時間どうりに送迎するとか、

これまでなかったようなプレッシャーをちょっぴり感じていることが、
気疲れにもなっているんだろうなぁ、と。

ただ、そういう気疲れはあったとしても、
ユナとミナが、だんだん園生活を楽しめるようになってきていることが、
何よりも嬉しくてね。

入園式は、ユナはずーーーっと泣いていましたから(笑)
初日の朝のお別れは、ふたりが先生の両脇に抱えられて、園の中に連れて行かれてました。

でもふたりとも、優しくしてくれる先生のことがすぐに好きになることはわかっていたし、
顔見知りのお友達がたくさんいるから、遊び始めることもわかっていたし、
ずっと泣き続けることはないことは、わかっていました。

最初に大泣きしていたユナは、今はもう大丈夫。
ミナはね、まだ園での生活の流れに、すこーし戸惑っているようです。

ミナは仲良しのお友達がずっとそばにいてくれたら嬉しい性格なのですが、
大好きなゆわちゃんが違うクラスになってしまったのもあって、寂しいみたい。
2、3日はずっと「ゆわちゃんのところにいく!」って先生に言っていたらしくってね、
先生は「え?ゆなちゃん?」って聞き返したら、「ゆわちゃん~~!」って泣いてたって^^;

これからミナとタイプがあうお友達ができて、ミナをリードしてくれたら、
もっと生き生きとすごせるようになるかな。

ユナは、労せずとも周りに人が寄って来てくれるという人柄なので、
戸惑っているときもお友達に声をかけてもらって、助けてもらい、
どんどんなじんできているようです。

ふたりの今の状況は、こんな感じ。
しばらく前に先生との懇談がありましたが、

「困ったら泣いて訴えることができる」(ユナ)
例えば「もう、おしっこでちゃうよーー」って泣くらしい(笑)ので、
あらあらと先生が寄ってきてくれたり、お友達が先生に教えに来てくれたりする。

「人懐っこい」(ユナ&ミナ)
先生に懐いて抱きついてきたり、にこにこしている。
誰にでもあいさつして話しかける。

「自分のことは自分でしようと頑張る」(ミナ)
背が小さいから、カバンをかけるところまで思いっきり背伸びしなくては届かないけれど、
「ジブンでする」といって頑張っている。カバンの中身を出すのもジブンでと
時間がかかってもしている。

ふたりとも行動するのが遅いので、
園生活は、何をするにもまだ先生の手を借りながら(声かけだけだとできないことが多い)
お友達の後をついていっているようだけど、
先生たちが気にかけていてくれるので、安心しています。

まだ午前保育のみで、11時半にはお迎えに行っていますが、
いつも笑顔で出てくるふたりを見ると、ほっと安心してとても嬉しくなります^^

あちこちでお迎えのお母さんたちの顔を見つけて、
笑顔になっているコドモ達とそれを迎えるお母さん、幸せな光景ですよ。


寒かったり暖かかったり、今年の春は、めまぐるしく気温が変わって、
戸惑いましたね。やっとお天気が落ち着くかなー。
始まりの季節は、あっという間に過ぎていき、もう5月がそこまできていますね。

来月には、新しいブログでまた再会できることを!
ガンバリマス。

ゆらゆら
3歳~

thema:双子の子育て - genre:育児


終わりに。
P3310092.jpg

長い間、当ブログを読んでいただいて、本当にありがとうございました。
前回の「お知らせ」の記事にいただいたコメントを読んでいくうちに、
同じ双子育児をしている方に限らず、たくさんの方に読んでいただいていたことを知り、
嬉しくもあり・・・そして、読んでいただいた方の心情を傷つけるような表情はなかっただろうかと、
少し心配にもなりました。

ネットという場で公開しているブログなので、何を書いてもいい・・・という訳ではなく、
記事にしたことには責任を持たなければいけないと思って、気をつけてはいたつもりですが、
至らない表現もあったのではないかと。

ブログを終了することを知った友人が、何かトラブルがあったのかと心配してくれたのですが、
3年もの間このブログを綴ってきて、一度もトラブルもなく、
いただいたコメントもすべて温かな気持ちがこもっていたもので、
それは、ものすごく、読んでくださる方に恵まれていたのですね。
あらためて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。ありがとう。


ワタシもはじめての育児で、しかも双子育児で、
何もわからないところからスタートしました。
最初は生活が一変したことと病気になったことと、色んなことがいっぺんに押し寄せて
それに順応するのがせいいっぱい。
いわゆる子育て雑誌を読んでも、そこに書かれた赤ちゃんとわが子を重ね合わせることも、
登場するママさんと自分を重ね合わせることもできず、
(綺麗な格好して幸せそうに笑ってる・・・そんな余裕ないんだけど!ってね)
どんどんと毎日が過ぎていくのを、なるだけ楽しく過ごそうと頑張っていました。

でも、頑張りすぎるとダメですね。
知らない間にストレスがたまっているし、情緒不安定にもなるし、
ユナとミナの同時後追いがすごかった頃は、昼寝の時間と、一日が終わるときがくるのを
ひたすら願っていたこともありました。

辛いこともありました。
体がしんどいときは、自分の感情をコントロールすることがたまらなく難しいときがあり、
ちょっとしたことで(ユナとミナはわざとしたわけじゃないのに)
イライラして感情的に怒り続けることもありました。

そうかと思うと、すべてが上手くいっていて、
毎日を穏やかに過ごせて、ふたりの相手をすることが楽しくて仕方ない時期もありました。

子育て中の、自分のコントロールは、山と谷の連続だなぁ・・・ってね、
上手くいかないときが続いても、必ずまた上手くいく時期がくるし、
・・・だって、はじめてのことの連続で、コドモという意のままにならない存在に
振り回されているのだから、仕方ないですよね^^;

オットが、母が、周りの友人達がいてくれて、ここまでやってこれたのだと、
本当にそう思います。
そしてこのブログを綴ることも、自分の気持ちを整理して明日に向う気持ちになるために
必要なものでした。

もうひとつ、いわゆる子育てマニュアル本は、読まなかったけれど
(こうしなくちゃ・・・という気持ちになりそうなので)
子育てにおける心の拠り所になった本はありました。
佐々木正美さんの「子どもへのまなざし」と、あとはシュタイナー教育の雑誌。

何度も何度も、パラパラとページをめくっては数ページを読んでみたり、
ヒントを探していました。まだ幼いコドモにとって、親と環境がすべてだという、
考えれば考えるほど、厳粛な事実が、重荷に感じたときに。

ワタシは、ユナとミナの持って生まれたものを、そのまま伸ばしてあげたいと思う。
そこにこだわったときに、必要なものってなんだろう。
体と心の成長と、生きていく力をつけるこの時期に必要なものってなんだろう。
ものすごーーく考えた結果が、保育環境に本気で気をつける、ということでした。

テレビから入る情報は制限する、吟味しておもちゃを選ぶ、
食事やおやつは大人に合わせない、などなど・・・
ワタシにとっては、自然な感覚だったので、無理なく始めることができました。

自分に合うな・・・と思うものを見つけたとき、自分が立っている足元がしっかりしてくる
そんな気持ちになれます。(「自信」という表現が使えるほどではなくって。汗)

その流れで、幼稚園も選んだし、気の合う育児仲間も増えてきました。
四苦八苦したときもあったけれど、今、いい流れでこれているな・・・と、感じています。

自分に合っているもの、それは人それぞれですね。
仕事と子育ての両立が合っている友人もいるし、
コドモの教育に熱心になることが合っている友人もいるし、
とにかくのびのびと放任主義で育てるのが合っている友人もいるし、
・・・・本当にそれぞれだなぁって。

ユナとミナは、今の家庭環境がすべてだけれど、
そのうち比べるようになるのかなぁ。

実は、ものすごーく考えられ計算された環境で育っているのに、
ふたりはのびのび放任主義で育てられたな・・・と、思ってくれるような
子育てをすることが目標です(笑)

だから、あまりにストイックになりすぎず、まずは家族が一緒の生活を楽しめること、
それが一番大事かな・・・。
あれ?!当たり前のことなんだけど。
言葉にすると、当たり前と感じることが、思うようにはできないんですよね。


「終わりに」という記事を書きたいけれど、上手くまとまりません。
コドモという生き物は、ワタシの想像をはるかに超えた存在で、
これからも色んな試練がありそうな気がしますが、ブレずにいこう!そう思ってます^^


これまで、この拙いブログを読んでくださってありがとうございました。
記事内で写真を掲載することを快く承諾してくださった友人方々も、ありがとう!


新しいブログですが、これから幼稚園の入園準備に追われるのと、
入園して落ち着いた頃に始めたいと思いだしたので・・・4月中旬以降になりそうです。
コメントをいただいた方やブログを知っている友人たちには、
必ずご連絡はさせてもらいます。少し期間があきますが、ご容赦くださいませ。


それでは、本当にこれで最後です。寂しい・・・今の気持ちは、やっぱり寂しいな。

たくさんの方が、ユナとミナの成長をともに喜んでくれて、
そしてワタシを励ましてくださったこと、本当に感謝しています。

今までありがとうございました!!!


管理人ゆらゆら


ブログはしばらくこのままにしておきます。
(ブログ村のランキングは、はずしますね。)
ゆらゆら
3歳~


3歳の春、4度目の春
■ジャングルジムのてっぺんで■
P3310078.jpg

今週は、月曜日火曜日と寒い日が続きました。
月曜日なんて雪が降ったし、火曜日の朝はうっすら雪が積もってました!

そして3月最後の日、水曜日のこと。
午前中は、子育て広場の講座で「簡単パン作り」に参加しました。

前にアロマのリップスティックを作る講座に参加したときに、
翌月にはこの講座があることを知って、あったんママと一緒に予約していたのです。
定員7組での少人数で、先生自ら子供さんと一緒に参加していて、和気あいあいと行われました。

■パン作り中♪■
P3310041.jpgP3310044.jpgP3310048.jpgP3310049.jpg

本当に、簡単に作れちゃう、コドモも一緒に作れるパン作りでした!
ビニール袋に入れて、材料をコネコネコネ、そのままお湯につけて一次発酵、
そして、ウインナーやチーズやレーズンや好きなフィリングを入れて成型。

ユナとミナも、もみもみこねこねしてくれたし、綺麗にまるめて成型してくれました。

成型後、2次発酵をして、たこ焼きプレートで焼くんですよー。
(関西の人は、お家に必ずありますよね。笑)
ふっくらちゃんとパンになってました。

美味しかったし、コドモと一緒に簡単に作れるから、またしようと思ってます。


一軒家の一階部分を開放した子育て広場は、
アットホームな雰囲気がとっても居心地がよくてね、
前庭の砂場で遊ぶ子供たちを眺めながら、あったんママとお茶をしながら話したり、
おやつを食べたり、
他のお母さんたちとも一緒に話したり、の~んびりと話して過ごしていたら、
いつの間にやらもう3時半。

来月も興味がある講座があったけれど、幼稚園のお迎えもあるし、
もう参加はできないかな・・・ちょっぴり残念な気持ちになりました。

ユナとミナが通う幼稚園には、お母さんが学ぶサークルもあるし、
それに参加して活動することも、楽しそう。定期的な勉強会もあるみたいだし。
趣味仲間とチクチクデーも続けるつもりだし、
プレで担当してくれていたベテランの先生がシュタイナーを学んでいることを知って、
教えてもらえたらなぁ・・・とも思っていたり、
幼稚園から離れた外部での習い事もしたい。
やりたいことはたくさんある。

これまで、コドモ時間にどっぷりつかってきた3年間は、
想像いていた以上にとても楽しくて、自分も変わったと思うけれど、
幼稚園入園で、コドモが友達との時間を過ごすようになることを期に、
ワタシの時間も、上手く使えるようになりたいわ。
まだまだ軸はコドモ時間だし、それでいいと思ってはいるけれど。

コドモの習い事は、今は考えていません。
ユナとミナにとって、幼稚園に慣れることがまず大仕事だものね。
いずれ、「こういうことをさせてみたらどうだろう?」って思うことが出てくると思うから、
そのときに考えようと思ってます。

今はね、
外でのびのびと遊ぶのが一番!学ぶことがいっぱいあるね!

って、子育て広場の後に、公園に連れて行って、遊ぶコドモ達の様子を見ていて
あらためて思いました。笑顔にあふれてる!

まず、公園に着いたとたん、ユナとミナとあったんの3人で広場を駆けぬけて、
その向こうにある遊具に向って行ってしまってね、ただただびっくりする速さ!

ワタシもあったんママも、もはや追いつけない・・・と諦めて、
ゆっくりと歩いて遊具がある広場についたら、もう3人で遊んでました。

■ばーっ!■
P3310052.jpg

3人一緒だと、テンションもあがります!あがります!

■合体!■
P3310084.jpg

あったんをサンドイッチして、すべります(笑)

■きゃーー!■
P3310087.jpg

小さなすべり台も、友達と一緒なら、スペシャルな遊び方ができるんです。

■顔を見合わせて・・・■
P3310064.jpg

遊びは、遊具だけじゃないよね。
こんな場所だって、コドモにとったらとっても魅力的なモノなのです。

■ここでも遊べるよ!■
P3310067.jpg

がけを上ったり、下りたり、そういうことも楽しいこと。

■つかまる■
P3310081.jpg

いつの間にか、ここの遊具は自分たちで遊べるようになったんだねぇ。
以前はできなかったことも、できるようになってました。

5時くらいまで、ひたすら動いて遊んで、帰ることにしました。

この公園は、桜の木がたくさんあって、
昨年は、みっくんえなちゃんとののななちゃんと一緒にお花見に来たのでした。
なんて思っていたら、偶然、ののななちゃん達も来ていてびっくり!
久しぶりに会えて良かったな^^

今年は、まだ桜は咲いていませんでした。
風は春めいていたのだけど、まだ固いつぼみが多くて、
春爛漫は来月にお預けだな・・・という、3月の終わりにふさわしい光景でした。

4月は始まりの月、出会いの月、
春はもうそこまでやってきているね!

■おりれない~~■
P3310088.jpg

あったんに続いて、ここを下りようとしたふたり。全然足が届かなくてわめいてます。
身長差があることを、わかっていません(笑)

そして、最後に、3人で写真を撮りました。

■期待に満ちた目^^■
P3310089.jpg

視線の先にあるものは・・・・魔法のお薬、ラムネです(笑)

■はあーい!■
P3310095.jpg

質問に「はあーい!」と元気良く手をあげて叫ぶこ3人。
まだまだ単純です(笑)

キラキラ輝く目をしたコドモ達、ワタシの目の届かないところで、
どうぞこの目を曇らせるような出来事が、なるだけおこりませんように。、

■マラソン■
P3310100.jpg

ジョギング中の人が横を駆け抜けたとたん、一緒について走り出したコドモ達でした。
すぐに離されちゃったね(笑)

ユナとミナの3歳の春は、ワタシにとってふたりと過ごす4年目の春は、
ふたりとしっかりつないでいた手を、ほんの少し離す・・・そんな季節になりました。

大丈夫かな?泣いてないかな?楽しくすごしているかな?
何度も振り返って、確かめたくて、そんな気持ちでいるのがワタシで、
きっとユナとミナは、新しい場所に飛び込んで、すぐに慣れるのだと思う。

これまでべったりと肌を触れ合わせて過ごしてきたと・・・
それは、自信をもってYESと答えられる。
病気にならなかったら、1年で仕事復帰をしていただろうし、
予想もしなかった展開になったけれど、それはもう仕方がないことだし、
案外、家にいる生活も向いているってわかった。

とっても甘えたなふたりになったし、反抗期で自己主張が激しいけれど、いい子達だと思う。
そう、信じてます。

だから、笑顔でふたりを送り出したい。
そして、帰ってきたら抱きしめてあげたい。




いつもありがとうございます!ランキングに参加しています。
ポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

「お知らせ」の記事を読まれてない方は、お時間があるときに読んでいただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。
最後に、お礼とお知らせの記事を書いて、このブログを終了します。

ゆらゆら
3歳~

thema:双子の子育て - genre:育児


「かあか、わらって」
■読み聞かせ中■
P3290018.jpg

ミナが、ユナと赤ちゃんたちに読み聞かせをしています。
絵本は「はじめてのおつかい」です。

繰り返し読んだので、内容は覚えているし、声に出して読みたいみたい。
おまけに感情もこめて、読むことができるようになってきました。

■パチパチパチ!■
P3290021.jpg

読み終わると、読み手も聞き手も拍手(笑)

ミナは読み終わった「はじめてのおつかい」をユナに渡して、
次の絵本を読みます。「そらまめくんのベッド」です。

■それぞれが読む■
P3290023.jpg

耳で聞いた言葉を覚える時期、それを音に出来る時期、言葉の意味を理解する時期、
ユナとミナなりのペースでそれぞれの時期がやってきました。

まだ言葉は自由に操れるわけではないし、
「えーっと、えーーっと、えーーっと・・・」って言葉が出るまでに時間がかかることも、
見たことをそのまま口にすることも、
いい間違えることも、たくさんあります。

生まれてまだ3年のふたりだから、焦らないで言葉を身につけていって欲しい。
言葉の豊かさは、数が多い少ないではなくて、便利不便でもなくて、
そこに込められる感情が様々で想いを伝えられることだと思うから。

最近のワタシは、「○○なんでしょう?」とか「○○って言いたかったんでしょう?」とか、
彼女たちが言いたかったであろうことを推測して、言葉にしてあげることはしていません。
3歳なりに色々と自己主張をしだした頃から、やめました。
たぶん、コドモの感覚と感情は、大人のそれとは違うと思うから、
言葉にすると質が変わるし、正確に表現できない気がするからです。

ノンバーバルコミュニケーション。
表情や声の大きさ、感情の込め方、身振りや手振りでね、
大げさな言葉を使わなくても、伝えられるものですね。

だから、切れ切れの言葉でも、
ユナもミナが、その表情で手振りで、話しているのを見ると、それでいいのよ~って思ってます。
それを聞いて、ワタシが感じたことを、返せばいいかな。
ワタシの感覚とは違っていても、ただ「そっか~」って相槌をうつだけでもいいかな。
そんなワタシの相槌に、満足そうにうなづくユナとミナを見ていると、
言葉じゃないよなぁ・・・って、つくづく思うのです。


「かあか、わらって」
って、はじめて言われました。

ワタシにはいつも笑っていて欲しい。
怒った顔をしないで欲しい、呆れた顔をしないで欲しい、
・・・と、そこまでは考えてはいないと思うけれど、

ただ、ユナとミナはワタシが笑っているときが一番幸せを感じるのだろうってことは、
そう言われた瞬間に笑顔を見せたときの、ふたりの反応から感じました。

最近のワタシ、一日に何回、ユナとミナと目を合わせているかな?
(出かけるのに忙しくて、覚えていない・・・)

目を合わせたときに、ぼんやりとせずに、ぱっと感情を返しているかな?
・・・目が合ったときは、とりあえず、にっこりしよう、次はウインクしよう、
たまには投げキッスをしよう、そう思ったのでした(笑)


■あったかいね■
P3290029.jpg

アイロンをかけたてのスカートを触って、「あったかい、あったかい~」

家事を「おてつだいしたい」って気持ち、どんどん強くなってきてます。

「このおさら、あらってあげるね」とか、よく言うものね。
洗い物がしたくてたまらないのです。

いったん流しに立つと、なかなか、なかなか、そこから離れてくれないので、
時間があるときだけ、手伝ってもらってます。
半分遊びだけど・・・まぁ、「おてつだい」がコドモたちにとって、
楽しいものであるほうが、いいでしょう。

■たたんであげる!■
P3290030.jpg

洗濯物のをたたむのも、だんだんと上手になってきたものねぇ!
でもアイロンをかけたものは、触らないでね・・・
と思いつつ、ささっとクローゼットにしまってます(笑)


いつもありがとうございます!ランキングに参加しています。
ポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

「お知らせ」の記事を読まれてない方は、お時間があるときに読んでいただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

いよいよ次の記事が最後になります!
ゆらゆら
3歳~

thema:双子の子育て - genre:育児


| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。