スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


『お母さんはめっちゃ忙しい』
P9119467.jpg

元の職場の先輩で、同じ年に母親となり育児休暇をとったことで、
ママ友達にもなった方から、小包が届きました。

中には、手紙とこの絵本が入っていたのです。

今年の夏に、新聞で紹介されていたこの絵本。
確か、「著者が10年ほど前、子育てに忙しかった頃に描いたもので、
出版された今、お母さん達の共感をよんでいる」と、書かれていました。

記事を読んだときに、「読んでみたいな・・・」と思ったけれど、
忙しい毎日が過ぎ、絵本を手にとろうと探すこともできずにいました。

そんなことは話したことがなかったので、ものすごく驚いたし、
「え~~~!すごい、すごい嬉しい!」と、興奮しつつすぐに手紙と絵本を読んで・・・
・・・・夜だったからかな、余計に涙もろくなってじんわりきて、
ものすご~く温かい気持ちになれて・・・・
よ~し!これからず~っと続く「お母さん」を頑張ろう!って思いました。

数年先のワタシに、贈りたい本かもしれません。
子供が育っていくって、当たり前のことだと思われているし、
どれだけお母さんが頑張っているかって、家族もなかなか気がつくこともなく、
・・・・そうやって、ワタシも大きくなったのかも。

これから色んな場面を、お母さんパワーで乗り越えていこう!
そして、もし、もう少し大きくなったユナとミナから、絵本の中と同じような質問をされたら、
ワタシもこう答えよう。
この絵本の最後に、素敵な言葉を教えてもらいました。

本屋にも置いているようなので、興味のある方はぜひ手にとってみてくださいね。
こちらでも紹介されてました。http://www.e-abilities.jp/index.html

まだ子供が赤ちゃんだとしても、
今わんぱくざかりの子供さんだとしても、
子供がいなくても自分のお母さんのことを思い出したりして、
共感と感動ができる本だろうな・・・と思います^^


Tさん、本当にありがとうございます。
昨年から今年にかけて、色んな話をさせてもらいましたよね。
共感することがとても多くて、毎回あっという間に時間が過ぎてました^^
仕事復帰して、まだそのペースにも慣れなくて一番忙しい時期に、
ワタシのことを気遣ってくれて、とても嬉しかったです。
手紙でもらった言葉、忘れずに、過ごしていきたいと思います!
次に会って話しができるときを、楽しみにしていますね^^



いつもありがとうございます!ランキングに参加しています。
ポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

スポンサーサイト
ゆらゆら
絵本

thema:★★1歳児の日常★★ - genre:育児


ふたごの絵本
P6267789.jpg P6267790.jpg


ふたごが登場する絵本といえば、
ぐりとぐらのシリーズが有名ですよね。

ふたごと書いてあったり、
書いてないけれど、なんとなくふたごみたいだなぁと
思う絵本に出会うと、ついつい買ってしまいます。

左の写真の絵本は、一番最近に買ったもので、
日用品を買いに行ったホームセンターで本のフェアをしていて
手にしたものです。

絵がとても可愛くて!
「あそぶの だいすき」には、
ふたりのおうちの中の様子やふたりのグッズ、
そしてふたりがお外で仲良く遊ぶ、その遊び方も色々描かれていて、
お気に入りの絵本になりました。

右の写真の絵本は、
まだふたりに読み聞かせたことも触らせたこともないモノです^^
(はじめての本だ~ってすごい勢いで手が伸びてきてます!笑)

「チリとチリリ」は、お友達にいただいたもの!
温かくて綺麗な色使いと、物語はファンタジックで女の子好み。
このシリーズはいずれ揃えたいなぁって思ってます。

「ブブとププ」は、最初は手芸屋さんに売っていた布で出会ったんです!
可愛いキャラクターの布に目を惹かれて・・・
絵本があることを知りました。
そっくりなふたりのふたごならではのエピソードが、
書いてある絵本です。

「ふたごのき」は、写真と文からなる本なのですが、
寄り添うように立っている2本の木の語らいが、綴られています。
谷川俊太郎さんの文です。
その場を動けない木の言葉なんですが、読んでいると、
変わりない日常でも周りをよく見て感じて、過ごしていこう・・・
そう思わされます。


いまのふたりは、
どんな絵本でも読んで読んで!と持ってくるんですよ。
まだまだ大きな絵や単純な文じゃないと
最後まで聞いてないんですけどね~。

松谷みよ子さんの本やももんちゃんシリーズ
「おつきさま こんばんは」や「たべたの だあれ」は
あいかわらず好きなようです^^

食べ物の絵は、チュッチュッと口を鳴らして食べるまねをして、
泣いている絵には、ヨシヨシしたり、
少しづつ、絵の理解は出てきたなぁって思います。

なので、また少しづつ絵本を増やしていこうかな。
みなさんの、お気に入りの絵本、
良かったら教えてくださいね!



■本好きの女の子になあれ!■
P6267742.jpg




いつもありがとうございます!
ポチッポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

ゆらゆら
絵本
20 0

thema:★★1歳児の日常★★ - genre:育児


『あかちゃんのうた』
          
2007061307.jpg
             松谷みよ子 ぶん いわさきちひろ え


これは、もう随分前のことですが、出産後はじめて本屋に行ったときに、
「あ、これだ!」と、思わず手にとった本なのです。

どうしてかというと、koharuさんが以前にブログで紹介されていて、
とてもとても気になっていたから。

どうしてそんなに気になったのか、読んでみてわかりました。
本当に、本当に、素敵な本でした。

お母さんが赤ちゃんを抱っこしてあやしたり、顔をあわせて笑いあったり、
お外の風景を見て話しかけたり、ねんねのときにささやきかけたり、
そんな日常の語りかけが、綴られています。

おむつをかえましょう
「ふんふん なくひと だあれ
 おしっこしたひと だあれ
 のび のび のび のび いいあんよ」
               *一部抜粋

おつむ てんてん
「おつむ てんてん あわわ
 かいぐり かいぐり とっとのめ
 おててを ちょち 
 ちょち ちょち ちょち
 あんよを いちに いちに さん」
              *一部抜粋

ああこれ、自然と口に出る言葉だなぁって思います。
色んなリズムをつけて、笑いかけながら歌ったりしているなぁって。

言葉も場面も違うだろうけれど、
みんな、自然としていることなんだろうなぁと思います。
そしてこれはおかあさんが潜在的に得意なことなんじゃないだろうか、と。


ワタシは歌は得意じゃないですし、
本当に適当に歌っていることが多くて・・・

例えば、

「ミ~ナちゃんのいいところ! 眉毛がりりしい可愛い子!
 ほっぺもまるくてぴ~かぴか! お目目もとってもまあるいの!
 ほらほらほっぺつんつん おでこちょんちょん、

 大根あ~し、つ~るつる! いちにのさんでかじっちゃう!」

で、ほんとにかじってみたり。笑

でもふたりとも大喜びしてくれるので、嬉しくなります。

おかあさんの声、おかあさんの笑顔、おかあさんの抱っこ、
あかちゃんって無心にただ喜んでくれますね。
・・・・・・ありがたいことです。

特に気負わなくていいのでしょうね。

赤ちゃんを目の前にしたときに、黙っているよりも、
なんでもいいのですが、口ずさむだけで、優しい気持ちが増しますね。


それに、この本を読んでいて気がついたのですが、
「あれ、このフレーズは・・・」と聞いたことがある言葉がありました。

ワタシの母がユナミナをあやすときに使っていたりするのです。

「かいぐり」は「わくぐり」だったり少し違うところもあるのですが。

母に聞いてみると、
「う~~ん、そうそうおばあちゃんが(ワタシの祖母)あなたをあやすときに
歌ってたんだと思うわ」
とのことでした。

そうやって母から母へ遠い昔から伝えられてきたもの、
受け継がれていくもの、
懐かしい想い、
今も昔も変わらないあかちゃんへの愛情、

そういった感情もわきおこる本です。

まだ読んでない方、読みたくなったでしょう?笑
ぜひ、ぜひ、お勧めします。


そしてこの本を読んでいて、心温まるのは、
いさわきちひろさんの挿絵だからだと思うのです。

挿絵のひとつに、ワタシが「これぞおかあさんだわ」と思わせる
イメージがぴったりの絵があります。

髪をまとめてエプロン姿でつっかけで赤ちゃんを抱っこして、
ちょっと外を歩いている、
そしてふたりの視線の先には小さな花が、
そんな風景です。

自分はそんな姿はしていないけれど、なぜ懐かしく感じるのでしょうね?

で、最近は黄昏泣きがなくなってきたので、
母の家に夕方に行ったときにはひとりづつ抱っこして外をすこ~し
歩いたりしています。

普段はどうしても二人一緒にベビーカーが多いので。

抱っこでちょっとお散歩して、目で見えた風景を言葉で伝えています。
ワタシも幸せな時間を過ごさせてもらっているのです。


作者があとがきの最後に、こう述べています。

「どうぞ、おかあさんの言葉で、声で、あかちゃんにお話をしたり、うたったり、
あそんだりしてあげてください。この本がそのきっかけになれば、
こんなうれしいことはありません。」


お母さんで良かった、そう思います。


裏表紙。可愛い靴ですね♪
2007061308.jpg



ご訪問ありがとうございました!読んでて幸せな気持ちになる本でした。
次への期待をこめてポチッポチッと押してくださいね
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

感謝、感謝です♪
ゆらゆら
絵本
31 0

thema:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - genre:育児


お月さまの絵本
前回、友人からいただいた「ママのための絵本」を紹介したときに、
もう一冊一緒に送ってくれた本があるのです。

それもやはり息子さんのお気に入りの一冊に
なったもの、とのことでした。

遅くなりましたが、紹介しますね。


       『おつきさまこんばんは』
2007061309.jpg
                         林明子 さく


表紙は眠っているかのようなお月さまのお顔です。
超シンプル!シンプルすぎる!
でも表情が結構リアルで人間っぽい!

え?これを子供さんが気に入ってたの??
本当に?

と正直思いました。


ページをめくると、
最初から最後まで同じ視点の風景です。

夜を背景にたつ一軒のお家。屋根にネコが2匹。

夜、ですからね。
背景も家もネコも黒っぽい。
ただひとつ家の窓が黄色くぬられています。


   「おや
 
    やねのうえがあかるくなった」



あ・・・・黄色が見えてきた。お月さまが屋根のむこうから
だんだん、のぼってきたんだ・・・・。
次のページは・・・


     「おつきさまだ」


あ・・・お月さまだ。
まんまるの大きな黄色い月です。
お顔は眠っているかのように目を閉じてます。

・・・・さあ、続きはどうなるのでしょう??笑


・・・読めば読むほど、
いい絵本だと思います。

お子さん、たぶん気に入ると思います。

だって、お月さま、ですよ。

夜、
空を見上げたら、見ることができるんですものね。

身近なんです。子供にとって。

眠っているお顔、困っているお顔、最後に笑っているお顔、
超シンプルな一文のセリフとともに、
お月さまが描かれています。

そのセリフはネコのもののようであり、
見ているワタシ達が言ってるようであり、

結構ディティールは凝ってます。
シンプルゆえに想像力を刺激します。

それでいて、見るだけでも楽しめるんです。ここポイント!

うちの子達にはまだ早いかもしれないですけど、
指差しができるようになったら、
一緒に読みたいなぁ。

そして夜、
お月さまを一緒に見上げてみようね!

と思ったのです。


・・・・・でね、

ワタシ、この絵本を読んだことがある気がして、
発行年月日を見てみたら、
1986年でした。(2007年で第70版!スゴイ!)

う~~ん、もう絵本を読む歳ではなかったなぁ。

お月さまの絵本って、他にもありますよね?

それだけ題材にとりあげられることが
多いのでしょうね。


ちょっと違った目で
これからお月さまを見上げそうですよ。



裏表紙です♪最後に遊び心を刺激します!笑
20070613010.jpg




今日もご訪問ありがとうございました。絵本は大人も楽しめますね。
次への期待をこめてポチッポチッと押してくださいね
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

感謝、感謝デス♪
コメントもいただければ、嬉しいな

ゆらゆら
絵本
19 0

thema:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - genre:育児


ママのための絵本
新しいカテゴリーを追加しました。

『絵本のご紹介』です。

まだワタシ自身ではユナミナのために選んだ絵本はないのですが、
いただきものの絵本がだんだん増えてきました。嬉しいな♪

今日はつい最近、友人が贈ってくれた本の一冊を紹介します。

この友人、ワタシも舌を巻くほどの読書家で、彼女のおかげで
出会えた本が何冊もあるんです。

絵本も読んでるんだなぁ。そっか、息子さん産まれたものなぁ。
へ~~、あの子(後輩なので)が、ママかぁ・・。

いっぱい本を読んであげてそうだなぁ。


 ■友人からのメッセージ■ 
  
  うちの息子もその頃(3ヶ月)から絵本を読み始めたなぁと
  思い出しました。その頃から今までお気に入りの本があります。
  良かったら読んでみてあげてください。



そんな手紙とともに二冊贈られてきたうちの一冊です。


         『どんどこももんちゃん』
CIMG0175.jpg
                   とよたかずひこ/さく・え

オムツをはいたモモです。ちょー可愛いデス。笑

冒頭から「ももんちゃん」は一生懸命走ってます。

「どんどこ どんどこ 
   
      どんどこ  どんどこ 

   ももんちゃんが いそいでいます」



このフレーズがなんとも言えず、リズミカルで
でも一生懸命さが伝わってきます。

子供が好きそうな音でしょう?

「どんどこ どんどこ」とももんちゃんは、
走ってどこかに向かってるんですね。

幾つかの障害を乗り越えて、
ひたすら走って向かってます。

最後はこの小さなお目目にちょっぴり涙を
浮かべてるんです。

ワタシはこの涙にヤラレました。
胸がキュ~~~ンとなっちゃうこと確実デス。笑


さて、ももんちゃんが一生懸命に走って
たどりついたトコロはどこでしょう??

思わずにっこりしちゃいますヨ。

ワタシは、
ああ、これはママのための絵本だなぁ

と思いました。

ぜひ、ママさん、読んでみてください。

早く後追いして欲しいな~なんて、思っている頃の
ママさんにいいかもしれません♪


パパさんにも・・・

うちのオットは「これええなぁ」と
いたく気に入っておりました。

はじめての赤ちゃんにイチコロ(笑)に
なってるパパさんにもいいかと思います。


・・・すでにとっても有名な絵本だったりして?

ワタシ、まだ出産後に本屋の絵本コーナーに
行ってないので、わからないのだけど。

シリーズもののようなので、
他にも読んでみたいなぁと思いました。


裏表紙♪♪ うひゃ~~~かわいすぎる!!!

CIMG0176.jpg


今日もご訪問をありがとうございました。いい絵本をぜひ教えて下さい!
次への期待をこめてポチッポチッと押してくださいね
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

感謝、感謝デス♪
コメントもいただければ、嬉しいな

ゆらゆら
絵本
21 0

thema:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - genre:育児


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。