スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆらゆら
スポンサー広告


退院しました!
ミナ、無事に退院の日を迎えることができました!

熱が下がるとともに炎症値もぐんぐんと下がって、木曜日に退院許可が降り、
その晩にようやく家族揃って家で眠ることができました。

たくさんの方々が、今回の入院のことで心配してくださり、
そして回復を喜んでくださって、本当にありがとうございました。
読んでいてとても嬉しくて・・・・心から感謝いたします!!

もう大丈夫とわかってからは、元気そうにしているミナの顔を見つめては
じわ~~っとこみ上げてくる嬉しさをかみしめて笑ってました^^
な~んにもなくても笑顔になってしまって、
ああこれが幸せって言うんだなぁ・・・なんて思ってました。

すぐに退院報告の記事を書きたかったのですが、
安心感と付き添いの間よく寝られなかった(夜間も一時間おきに看護師さんが点滴を
チェックしにくるので)のとで、ここ数日は夜に起きてられなくて!!

週末の日曜日にオットにふたりを見てもらって昼間に更新しようと思っていたら・・・・
ふたりがまた熱をだしたり(深夜、さきほど下がりました)、
あとはユナがちょっと情緒不安定で、抱っこ星人になっていたりで、
なかなかPCに向かえませんでした。

ミナが入院している間、ユナは病室に入ってはいけなかったので、
ワタシと一緒にいられる時間は、母と一緒に面会に来たときの1時間ぐらい。

母にミナを見てもらっている間に、売店に行ったり外を散歩したり・・・
それぐらいで、一緒に遊んだりできなかったのですね。

今回の入院で、ストレスがたまったのはミナよりもむしろユナなのかもなぁ。

ミナは入院後半は痛い処置もなかったし、元気いっぱいで看護師さんにも可愛がられ
一日中ワタシと一緒にいられ、膝を独占できたわけですから。

ミナは点滴につながれているのでベッドの上から離れられず、
よってワタシも、ミナが起きている間は一緒に柵に囲まれたあの小さなベッドに
いたわけです・・・・。

ユナも一緒に入院できると言われたのですが、まだ歩けないのでベッドの中に
いなくちゃいけないし、(和室の病室があればいいのに!なんて思いましたよ・・)
あのスペースにハイハイしたい盛りの元気なユナをいさせるのは
無理だと思って、結局最後まで母に預かってもらいました。

毎日会っている母で毎日通っている家なので、不安な思いはあまりなかったと
思うのですけれど、やっぱり・・・・・・寂しい思いをさせてるなぁって、
エレベーターの前で別れるたびに、こっちを見返すユナの顔を見て思ってました。


まだ退院して3日。
ふたりともはじめての発熱だったし、病院で過ごしたり、母の家に預けられたりと
はじめてのことでしたもの、落ち着くには少し時間がかかるのかもしれないですね。

そして体調についても。
金・土はふたりとも元気いっぱいだったので、土曜日の午後にオムツなどの買い物に
連れ出したのです。

そうしたら日曜日に急に発熱。幸い38℃代までしか上がらずに、
ミナは夕方には、ユナは深夜には下がったので良かったのですが。

肌寒かったし、人も多い場所だったし・・・・
久しぶりの外出をするには適切じゃなかったなぁって反省しました。

何か起こってからいつも気がつくことが多いんです。

大人や少し大きな子供と違って赤ちゃんは、
完治したかのように見えてもぶり返したり、わかり難いものなのですね。

気をつけなくっちゃ。


そして、今回の入院の原因なのですが、
結局、抗生剤が効いたことから細菌感染だろうと推測されるものの、
どのような菌がどこに入ったのかは、検査では判明しませんでした。

なぜわからないのか不思議なのですが、こういうことはたまにあるそうです。

ただこんなに早く回復するぐらいの症状なのに、
この炎症値がでることはあまりないなぁと、不思議がられてました。

炎症値は風邪で熱をだしたぐらいで、2~3ぐらい(通常は0.25以下)
緊急外来で会った、気管支炎で入院となった男の子で、5だったそうで、
それがミナは、最初のかかりつけ医での検査で8、
大学病院に着いて再度検査したら10に上がっていたのです。

白血球値は25,900でした。(通常は5,000~10,000ぐらい)

この10という数値が大学病院の医師を驚かせたようで、
肺炎もない、尿路感染もない・・・細菌感染でこんな高い数値がでることはあまりない。
川崎病も疑われましたが、その症状は見られない。

なので、髄膜炎の可能性は消せないから、検査したいのですが・・・と
医師に相談されたのです。もし細菌性の髄膜炎だった場合、早期の治療が第一だから。

結局、髄膜炎でもないことがわかり、週明けまでは抗生剤の点滴で
様子を見ることになりました。それが劇的に効いたわけです。

月曜日には炎症値3、白血球値は15,070になっていました。

木曜日の退院時で炎症値0.69、白血球値11,770でした。
まだ完治とはいえないけれど、家にはユナがいるので早めの退院を
許可してくれたのです。

なので、原因についてはもやもやとしたものが残るのですが、
どこからどうみてもミナは元気いっぱいだし、良くなって良かった!
退院できて良かった!

ミナよく頑張ったね!良かった良かった・・・・と笑顔で退院できたのでした。

*ミナ、ひさしぶりにお家で迎えた朝*
PB171898.jpg


*同じ表情だけどこっちはユナ*       *こやつは、ミナっす*
PB171891.jpgPB171904.jpg


ふたりが一緒に部屋にいることが、
それを見られることが、こんなに幸せなことだとは思いませんでした^^

こんな場面も、一緒にいるから見られることですものね。

*ガーゼのひっぱり合い!・・・・必死で口に入れてるのがユナ・・・*
PB171906.jpg


退院の日に、ふたりは満9ヶ月になりました^^

そしてさかのぼりますが、ミナが高熱を出した日に、ユナにはじめての歯が生えてきました!
そしてミナは入院中に2本目の歯が生えてきました!

どんなときでも、成長を感じない日はないんだなぁ・・・と感心しましたよ(笑)


また入院中のことについて書くかもしれませんが、
ようやく退院報告ができて嬉しいです。

みなさんのブログへまた遊びに行けることも嬉しいです。
時間ができたら行かせてもらいますね!
そしてはじめてコメントやメールを下さった方にもお返事が遅れてますが、
もう少し待って下さいね!

本当に、本当に、ありがとうございました!!!


最後まで読んでいただいてありがとうございました。
ポチッポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

スポンサーサイト
ゆらゆら
6ヶ月~
46 0

thema:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - genre:育児


もう大丈夫です!
検査の結果、ミナの炎症反応が急激にさがっていることがわかりました!
抗生剤が効いたことから細菌感染だと言われてますが、
明日詳しいことがわかりそうです。

ようやく先生の顔に安堵と笑顔がみられ、本当に本当に安心しました。
お医者さんも驚くほどの回復だそうです。

このまま問題なければ今週中に退院でそうです!

ミナはここ数日の疲れがでたのか、体が楽になったからか
ぐっすりと寝ています。

あの後、ユナも高熱をだしたので、ダブル入院を覚悟で
救急に連れていったのですが、こちらは風邪とのことで帰宅、
その晩には元気になりました。


先ほど先生の話を聞くまで、笑顔でミナと遊んだり抱っこしたりしていても
心が落ちつかず、色々考え込んでしまいがちで、

そんなときに、皆さんの励ましや体験談や慰めが本当に助けになりました。
はじめて携帯でサイトを見て、何度も何度も読みました。

皆さんのミナを心配してくださった気持ちがここまで
届いたのだと信じています。

ありがとうございました!!!!

また退院したら詳しいことを書かせてもらいますね。

ミナは元気です!!
ユナも笑顔です!!

本当にありがとう!!!

071111_1800~02.jpg


ゆらゆら
6ヶ月~
48 0

thema:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - genre:育児


緊急入院とお知らせ
ミナが土曜日より緊入院となりました。

木曜日には元気に支援センターのプレイルームにて遊ぶ姿を見せていたのですが、
金曜日の昼頃から様子がおかしくなり、夕方から発熱、晩には39,5℃まで上がりました。

かかりつけ医は土日も診療しているため、土曜日の朝に受診、
熱はだんだん下がっていたし、中耳炎の症状もなく、喉の炎症もわずかだったので、
風邪だと思うけれど、念のためと血液検査をしたところ、
先生の表情が一変しました。

風邪では説明がつかないほどの、白血球の増加、炎症値が多すぎたからです。
肺炎を疑われましたが、その場でレントゲンを撮っても肺はきれいな状態でした。

すぐに大学病院に緊急入院となったのです。

何がなんだかわからないまま、だって昨日よりも熱が下がって元気になっているのに、
一体ミナの体の中で何が起こっているのか、先生の「緊急」の一言が信じられませんでした。

大学病院にて、まず尿路感染を調べましたが、尿もきれいな状態でした。

そして血液検査をしたところ、炎症値がまた上がっていることがわかり、
可能性として「髄膜炎」も考えられるため、すぐに検査をしたのですが、
結果は違いました。

結果を聞いた瞬間、本当に本当にほっとしました。良かった。違ってて良かった!!

土日はそれ以上の検査ができないため、点滴で様子をみることになりました。

一晩たって、ミナの熱は下がり、本人も元気な笑顔を見せています。

昨夜は病室に誰かが入ってくるたびに、ワタシにしがみついていました。

午後にここに着て以来、ミナは、血液検査、尿をとる処置、点滴の処置と何度も
処置室で数人の大人に押さえられ、処置を受けていたのです。

尿管に管を入れるのも痛かったでしょう。点滴の針も何度か入れなおしました。

そしてもう終わりとほっとしていたときに、髄液を背骨からとることになったのです。
赤ちゃんなので麻酔はできません。

必死でワタシにしがみつくミナは、離されても泣きながらこっちへ手を伸ばしていました。
「お母さんは病室で待っていてください」と言われて、泣き叫ぶミナの声を後ろに
病室まで戻りながら、「泣くまい泣くまい」と自分に言い聞かせて、

病室でも落ちつかず、廊下にでてみるたびに、
遠くからミナの泣き声がずっとずっと聞こえ続けていて、

ごめんね痛いよねごめんね、とずっとつぶやいてました。

あのときの気持ちをどう表現すればいいのか・・・・・わかりません。
緊張が溶けた今のほうが、思い出すと泣けてしまいます。

一晩たって今日、やっとミナの笑顔がみれました。本当に嬉しかった。
容態もいいので、オットにミナを預けて、ユナの様子を見るのとワタシの荷物を取りに
いったん帰宅しました。

ユナは母に預かってもらっていて機嫌よく過ごせているようなのでほっとしてます。
ただ、ミナの次はユナが同じような症状になるのではないかという不安があるのですが。

今からまた病院へ向かいます。

明日、再び詳しい検査が始まります。
どうか、なるべくミナが痛い思いをせずにすみますように。
何事もなく、原因がわかって、退院できますように。


しばらくの間、記事の更新やお返事、皆さんのブログへの訪問などができなくなります。
経過について一言でも記事にできたら残していくつもりですけれど。

早く退院して、元気になりました報告をしたいと願ってます!

では、また!いってきます。

*病院到着後の疲れきったミナ*
071110_1809~02.jpg



最後まで読んでいただいてありがとうございました。
ポチッポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

ゆらゆら
6ヶ月~
43 0

thema:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - genre:育児


歯が!!
気がついたら、ミナの下の右側の歯茎からしろ~いモノが顔をだしてました!
「歯が生えてきたーー!!!」

と、発見したのはワタシの母、場所は西○屋でした・・・。
店のベビーカーに乗せていて、斜め上からミナを見たときに、
チラッと見えたのだそうです。(店内で大興奮する親子・・・)

ええ、まだ前から見てもわからないぐらいの
うっすらと白いラインが歯茎に入ってました。
いよいよ歯が生えてくるのですねー!なんだか感動しちゃいましたよ。

どれぐらいのスピードで生えてくるのかしら?
歯磨きはいつからしたらいいのかしら?
まだいいよね~、とそのうち調べようと思いつつ、
毎日歯の頭の出し具合を確かめてます(笑)

なかなか引っ込み思案のようで、顔を出さないのですけれどね~。
頭のてっぺんが見えている感じですよ。

ユナも下の左の歯茎が固くなっているので、もうすぐ頭が出そうな模様です^^

ん??ミナは右でユナは左かぁ・・・。
そういえば、目もね、ミナは右が二重でユナは左が二重なのですよねぇ。

これってミラー現象かしら??
う~~む。ちょっとワクワクしてきました!!


と、そんなふたりですが、
ここ2日間は風邪もひいていることですし、お部屋でゆっくり過ごしていました。

我が家は賃貸のハイツ暮らしなので手狭なのですが、
とても気に入っている点がありまして。
寝室と居間が南向きで、さえぎる建物がないため日当たりがと~ってもいいのです。

今の時期、穏やかな日差しが部屋に差し込んで日中はとても温かく
また明るい気持ちにさせてもらってます。

ふたりの遊びスペースには絨毯の上にコルクマットを敷きました。
コルクの保温性で、座っていると温かくなってきます。

おもちゃはあんまり買ってないのですが、
甥っ子姪っ子のおさがりをもらっているので、たくさんありますよ!

最近のお気に入りは・・・・なんだろ?

おっ、ボール遊びが好きかも。
アンパンマンのボール(初めてのキャラもの!)をワタシがころころ転がすと
喜んで追いかけてますよ!

あとは・・・・

*鏡をのぞいてコンニチハ*
PB021700.jpg


うふふ、何度も何度も覗いてました(笑)
まだ手で触ろうとはしないのですが、キスはしてましたね~。
・・・・・きっと舐めようとしただけなのですけれどね!

いつかふたりにムチューーってキスをされる日が来るって
想像するとニヤニヤしてしまいます!

*このへんが気になるの!*
PB021715.jpg


歌が流れる絵本、舐める以外にもようやく興味がでてきたようでして。
まだココを押すと音楽が流れるんだ!とはわからないようですが、
ボタンのあたりは気になるようです^^

*ミナのお気に入りはこれ~*
PB021687.jpg


ミナがこよなく愛するクマちゃん。
これまたおさがりなのですが、これを見るとハイハイから急いでずり這いになり
突進してきます。目の色が違いますものね!

ちなみにこの顔。
「あじぇじぇじぇじぇ~~」と話していると思われます。
「じぇ」と口を横に開く発音が多くなってきました。
時々「キャー!!」ともなんとも言えない奇声もあげますが!!

*ユナはこれがあったら寝られるの*
PB021719.jpg


ユナのネンネの必須アイテム、その名も「ただのガーゼ」です(笑)
眠くなったらこ~んな顔してガーゼを顔に押し付けています。

その恍惚とした表情はちょっとあぶないヒトのようです^^;


*そして誰もいなくなった・・*
PB021694.jpg


まあ、いまやじっとしていないふたりですから。
遊びのスペースなんて、こっちが決めても関係ないのですよね。

ワタシがいるキッチン側に寄って来るので、
結局冷たいフローリングの上でもハダシで元気に遊んでおります。

こ~んな感じ。

*これつかまって立っちゃおう~~*
PB021739.jpg



後追いはまだ続いてますが、
同じ部屋に座って一緒にいると、こんな風に落ち着いて遊んでくれる時間もあります。

そしてしばらく遊ぶと、ワタシを見て「はっ!」と気がついたように
ハイハイで戻ってくるのです。

しばらく抱っこしてムギューっとして、あやして遊んでから床に下ろすと
またしばらく遊んで・・・・の繰り返しで~す。ふたりが交互に!!

まぁ大変なのですけれどね、めちゃくちゃ嬉しさをかみしめていたりもします。

それには訳がありまして。

もしワタシ以外の者、オットかワタシの母が部屋にいる場合。
ワタシの膝に先着一名がいたら、もう一人は開いてる膝、つまりオットか母のほうに
さっさと行くのですよ~。

そりゃもう、ハハの膝には何の未練もないがごとく、さっさと行ってしまいます・・・。

ハハの膝を取り合うよりも、平和的で良いのだけれど、
他の膝めがけてハイハイしていく後姿を見せられるとちょっぴり寂しいぞ!

なんて感じているので、ワタシがふたりを独り占めできる時間は
ちょっと嬉しかったりするのでした^^

あ、家事をしているとき以外です!モチロン。
もうね、家事の間中、鼻水垂らして泣いているふたりに聞こえるように
「ちょっと待って~~~!」って歌うように何度も言ってます(笑)


最後まで読んでいただいてありがとうございました。
ポチッポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

いつもありがとうございます!!

ゆらゆら
6ヶ月~
26 0

thema:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - genre:育児


おじいちゃんの背広
週末が終わりに近づきつつあります。
それなのに・・・2週連続でまたもや、明日は月曜!また育児戦争!というときに
体調を崩してしまってます。ううう(泣)

先週よりはマシなのですが、頭がボーッとしているからか、
お風呂から出ようとして、「アレ?洗顔はしたっけ??」と顔はぬれていはいるけれど、
洗顔フォームで洗ったかどうかがまったく思い出せなかったり、

モノを取ろうとしてサッと手を動かすと、スルッと手の中からモノが滑り落ちていったり、

体調のせいなのか、歳のせいなのか、
記憶と手先の動きの機敏さの衰えをここ何度も痛感してしまいました!!ガーン・・・

ううう、ササッと書きたいことを書いて、楽しみにしているブログめぐりをして、
・・・もしかすると訪問できないかもしれません。スイマセン!


PB031785.jpg
*よいしょっと!*

金曜日にはまだひとりで座れなかったふたりですが、
日曜日にはしゃがんで座ることができるようになってました!すごー!

膝立ちになったり、シコふみポーズになったり、みじか~い足をアッチコッチへ動かして
いろんなポーズをとっております。
開脚角度もすごくって、このやわらかさを維持したらバレリーナだわ!なんて思ったり(笑)


さて、この土曜のことです。
ワタシの父は3年前に他界したのですが、その父の残した背広を
オットが譲りうけることになりました。

志半ばに逝った父。新調したばかりの背広が多数あったりして、
母は処分することもできずそのまま残していたのです。

オットが着てみたところ、肩幅がちょうどピッタリ!
すごいーー!着れるじゃないの!!と喜んだのですが、身幅とズボンのゆったり感が
どうもどうも働き盛りの30代のシルエットではないのです^^;

当たり前か~~。父はゆったりしたシルエットが好きでしたから。

見事なまでに全て濃紺で織り模様が少しづつ違う素敵な手触りの背広達。
我が家の家計では到底手にできないモノだし、着られないままにあるのがもったいなくて。

お直しに出すことにしました。
背広の上着とズボン、両方ともシルエットを細くしてもらう・・・・結構大変な作業です。

さあ、どこでお直ししてもらおう!
デパートにはそういうお針子店がありました。

でも、気になったのは「テーラー」。
電話には、耳が遠いらしいおじいさんが応対にでました。
(「ばあさん、聞こえへんから代わってくれへんか~」って言うてましたもの)

なんだかちょっぴり不安を感じながらも、期待にワクワクして、訪問したのです。

そこは、普通の民家でした。
玄関前にちょっとした看板があって、「ああ、ここなのね」ってわかったぐらいでして。

*お店の軒先*
PB031812.jpg


カラカラと引き戸を開けて、「ごめんくださ~~~い」と挨拶をすると、
奥からおじいさんとおばあさんが出てきました。

70歳はゆうに超えているかな。
ゆっくりした動作と話し方で、こちらもなんだかご近所の方と話している気分に
なってしまいます。

そして話しているうちにだんだん安心して任せる気になれたのです。
若い頃から紳士服の仕立てをやってきたであろう職人さんの風格が漂ってきましたから!

そのおじいさんの後ろにぴったり寄り添うしっかり者のおばあさん。
なんだかとっても素敵!

ゆなみなの乗ったベビーカーは中には入れなかったので、
(本当に昔の民家で、上がり框がすごく高かった~!)
玄関先でワタシとともに待ち、その様子を眺めていました。

*見たことない景色に興味津々なふたり*
PB031811.jpg


そして玄関横の窓からは、使いこまれたミシンが置かれた作業部屋が見えました。

ここでおじいさんは、何十年も何十着も背広を仕立ててきたのでしょうね。
相棒のミシンが頼もしく見えます^^

*窓からコンニチハ*
PB031807.jpg

モノ作りへの憧れとその道の職人さんへの尊敬の念が
ますます強くなりました。う~~~いつか、勉強・挑戦したいなぁ!

なんて色々思いをめぐらしていたのですが、
横には手がかか~~るおふたりが・・・・だんだんと退屈してきたようで騒ぎ出しました。

同じ場所にいられるのって10分ぐらいかなぁ。

*もう退屈でちゅよー!*
PB031814.jpg

最近、ちょっとした時間ならB型ベビーカーに乗ることもあります。
これも甥姪ツインズのおさがりです。おさがりのおさがりのおさがりの・・・・・

もう6代目ぐらい??たぶんずっと関東方面で活躍してきたと思われますが、
今回関西へとユナミナのために来てくれました。

たくさんのツインズ達を乗せてきた頑丈で頑張り屋のベビーカーなのです^^
想像力をかきたてられるでしょう?素敵だわ♪

そうこうしているうちに、おじいさんとの話は終わり、
「ふふふ、楽しかったね。仕上がりも楽しみね~」とお家をあとにしたのでした。

こんなこともあり、
今週末は父のことを色々思い出しました。

3年前の11月、もう余命が長くない、いつ危篤に陥ってもおかしくないと言われた月でした。
2回、放射線による治療に挑戦したのですが成功せず、食道癌が肺に転移、
もうどうしようもありませんでした。

父は精神力がとても強い人でしたので、淡々とその事実を受け入れているかのように見え、
そんなときに一緒に病室にいて、ワタシ達は何を話せばいいのか迷いながら、
もっと話したいことがあるはずなのに、今話さなくては話すときが永遠になくなる!
でも!でも!でも・・・・・そんなことを話したら絶対泣いてしまう!嫌だ嫌だ!!と、
心の中で葛藤していました。きっとその場にいるみなが。

そんなとき、ワタシ達に穏やかな気持ちをもたらしてくれたのが、
3年前、いまのユナミナとちょうど同じ月齢だった甥っ子姪っ子だったのです。

抱っこしたふたりを「ば~~!」とお互いを近づけるだけで、ケタケタ笑い続けるふたり。
ハイテンションに喜ぶ姿と、大きな笑い声が病室いっぱいに響き渡ってました。
みんな自然と笑顔が浮かびます。

父は痛み止めが効いていたので起き上がってふたりをしばらく抱っこし、
ワタシ達は、とてもいい時間を過ごせたのでした。

それから一週間後、父は危篤となりました。

父が死んだ後、高齢で見舞いにも葬式にも来れなかった父の母(ワタシの祖母)は
そのときの父の様子をビデオで見て、
「笑ってるなぁ・・・・最後にいい思いができたねぇ・・・」とつぶやいてました。

いまのユナミナの様子を見ていると、そのときの甥っ子姪っ子を思い出します。
偶然にも同じ2月生まれで誕生日も4日違いなのです。

いまのふたりのこの笑顔を見るたびに、父のことを思い出すのです。

これも今年の今月だけのことだけど、
いつか見たことがある風景のような気がしてなりません。

*きゃっ!きゃっ!*
PB031794.jpg


あなた達のおじいちゃんは天国にいますよ。
でもあちこちにおじいちゃんが残してモノがあるからね。大切に使おうね。

今回、父の背広を心から喜んで袖をとおしてくれたオットに感謝の気持ちでいっぱいです。
お直ししても、今流行の若々しい細身のスーツにはならないとは思うのだけど、
そういうかっこよさではなく、そのモノの価値を認めてくれ喜んでくれたこと、
嬉しかったなぁ!!!!

ユナミナ、あなた達のお父さんは結構カッコイイところがありますよ!なんてね(笑)


最後まで読んでいただいてありがとうございました。
ポチッポチッと押していただければ嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

いつもありがとうございます!!

ゆらゆら
6ヶ月~
29 0

thema:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - genre:育児


| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。